最近コレが気になっています!!


ヴェールドマン仮説

 

      講談社 定価:1620円

  

 

おじいちゃんが推理作家で、おばあちゃんが法医学者、
父さんが検事で母さんが弁護士、お兄ちゃんが刑事で
お姉ちゃんがニュースキャスター、弟が探偵役者で妹はVR探偵。
名探偵一家のサポートに徹するぼくだけれど、
ある日強烈な「首吊り死体」を発見し、連続殺人事件を追うことに。
被疑者は怪人・ヴェールドマン。
布(ヴェール)に異様な執着を示す犯罪スタイルからそう呼ばれている――。

 

2019.7.31



氷獄

 

      KADOKAWA 定価:1728円

  

 


バチスタ裁判、開廷。検察組織にメスを入れる、医療×司法エンタメ!

手術室で行われた前代未聞の連続殺人「バチスタ・スキャンダル」。
被疑者の担当となった新人弁護士・日高正義は、
有罪率99.9%を誇る検察司法の歪みに、正義のメスを入れる!

医療と司法の正義を問う、リーガル×メディカル・エンタテインメント!


「私が絞首台に吊されるその時、日本の正義は亡びるのです」

 

2019.7.31



戦国の教科書

 

      講談社 定価:1620円

  

 

小説で楽しく歴史が学べるって本当ですか?

今を代表する6人の人気作家が戦国時代のキーワードを元に短編小説を書き下ろし。さらに各作品に解説・ブックガイドも。楽しく読んで、楽しく学ぶ。戦国がもっと好きになる!

【おもな内容】
1限目 下剋上・軍師・・・矢野隆先生(「一時の主」)
2限目 合戦の作法・・・木下昌輝先生(「又左の首取り」)
3限目 海賊・・・天野純希先生(「悪童たちの海」)
4限目 戦国大名と家臣・・・武川佑先生(「鈴籾の子ら」)
5限目 宗教・文化・・・澤田瞳子先生(「蠅」)
6限目 武将の死に様・・・今村翔吾先生(「生滅の流儀」)
ホームルーム(解説・ブックガイド)・・・末國善己先生

 

2019.7.31



金庫番の娘

 

      講談社 定価:1836円

  

 

日本の政治は終わってる! だったら私が変えてやる!

国のため、社会のため、企業のため、
個人が人知れず犠牲を強いられるのは絶対におかしい。
私物化された権力の横暴を前に、新米政治家秘書が見出した道とは――?


ベテラン衆議院議員・久富隆一の秘書を父に持つ藤木花織は、十年近く働いた一流商社を辞め、久富事務所に転職。慣れない業務に慌ただしい毎日を送る中、突然久富から呼び出され、父と一緒に財務秘書――<金庫番>になるよう打診される。
実は政治が好きでもなければ、興味もなかった花織は、誰にも明かせぬ理由を胸に、この世界に飛び込んでいたのだが……。

 

2019.7.31



営繕かるかや怪異譚 その弐

 

      KADOKAWA 定価:1728円

  

 

営繕屋は 死者の声を聴き、修繕する。 人々の繋がる思いに涙する魂の物語

両親と弟が鬼籍に入り、かつて花街だったという古い町並みにある町屋の実家に戻ってきた貴樹。貴樹が書斎として定めた部屋の書棚に立てかけられた鏡をずらしてみると、柱と壁に深い隙間があった。そしてその向こうに芸妓のような三味線を抱えて座るはかなげな着物姿の人影が見えた。やがて貴樹がその女を見ずにはいられなくなり……。

 

2019.7.31



ボブが教えてくれたこと

 

      辰巳出版 定価:1728円

  

 

ボブ&ジェームズの最新刊! ファン待望の邦訳登場。元ホームレスを立ち直らせた賢い野良猫ボブが教えてくれる人生哲学。

ベストセラー『ボブという名のストリートキャット』、『ボブがくれた世界 ぼくらの小さな冒険』の著者ジェームズ・ボーエンが、野良猫ボブと出会い、
一緒に過ごすことによって、自分自身を見つめ直し、運命を大きく変えた。
本書はジェームズがボブと過ごしてきた時間の中で、ボブに学んだ人生哲学を二人のエピソードに触れながら綴ったエッセイです。
未公開の写真を含めたボブの写真を多数掲載したファン待望の一冊です。

 

2019.7.31



新井素子SF&ファンタジーコレクション1 いつか猫になる日まで グリーン・レクイエム

 

      柏書房 定価:2916円

  

異星人たちの宇宙戦争に巻き込まれた若き男女六人の痛快な活躍を描く『いつか猫になる日まで』、緑色の髪の少女の重大な秘密と恋を描く、第12回星雲賞日本短編部門受賞作『グリーン・レクイエム』とその続編『緑幻想』の三作品を収録。付録として単行本・文庫本など刊行の度に書かれた「著者あとがき」をすべて収録、新井素子の軌跡をたどることのできる資料としても貴重なシリーズ、刊行開始(全三巻)。

 

2019.7.26



時間(とき)の花束 Bouquet du temps

[幸せな出逢いに包まれて]

 

      日本ヴォーグ社 定価:2160円

  

「今、暮らしの中に手仕事の時間があることをとても幸せに思っています。」(あとがきより)
結婚を機に、家族を思うあふれるような愛から始まった針仕事。家庭を守りながら、日々の時間を大切に丁寧に紡ぎながら、静かに、愛情豊かに、そして真摯に作り続けてきた作品の数々が、1冊の作品集にまとまりました。まさに時間を束ね、作品を束ねたその1冊は、『時間(とき)の花束 Bouquet du temps ブーケ デュ タン』!
作品は、初めて公開する子どもや家族、友人のためにつくった温かく微笑ましい作品から、クリエイターとしての斬新な作品までを掲載。それらにまつわる数々のエピソードや、キルトづくりの舞台裏のストーリーも共感を誘います。これは、作り方のハウツー本ではなく、最愛の家族、敬愛する友人たちへの想い、ともに過ごしてきた大切な時間(とき)を、キルトで綴った物語です。手づくりの時間が、こんなにも人生を豊かに彩ることを教えてくれる、感動の、そして待望の1冊です

 

2019.7.26



「未完成」なぼくらの、生徒会

 

      KADOKAWA 定価:1080円

  

4人の高校生をつなぐある「秘密」とは──? 感動のラストに涙!

今年から共学になった元・男子校、県立神南学院高等部、通称神高。
女子中学校から、過去の私をだれも知らないここに入学した私・葵が出会ったのは、
神高名物の変人だらけの生徒会メンバーだった!
「生徒会に入れ、さもないと“秘密”をばらす」と脅された私だけど、
会長の晴人、副会長の由紀、同じ一年生の会計・悠真、他のメンバーにも
“だれにも言えない秘密”があるようで――。
それぞれの“過去”があきらかになるとき、訪れる驚きの結末とは?

 

2019.7.26



窓の外を見てください

 

      講談社 定価:2052円

  

 

江國香織さん、陶酔!
小説風に書くと、“「革新的? 確信犯的? なんといっていいかわからないわ、でも、すみずみまでほんとうにおもしろい」と香織は言った。「小説のなかで何度も発生するのね、小説が」そう続け、「それにしても、きび団子」と感に堪えたように呟いて、「こんな小説、片岡義男にしか絶対に書けないわ」と、幸福そうなためいきをついた”のでした。

デビューしたばかりの青年作家・日高は、勝負の2冊目執筆のため、かつて親しかった3人の美女を訪ねようと思い立つ。その間にも、創作の素材となる出会いが次々に舞い込んできて……。
小説はどのように発生し、形になるのか。めぐり逢いから生まれる創造の過程を愉しく描く。
瑞々しい感性を持つ80歳の “永遠の青年”片岡義男、4年ぶりの最新長篇。

 

2019.7.24



お江戸けもの医 毛玉堂

 

      講談社 定価:1566円

  

 

谷中感応寺の境内に居を構える、けもの専門の養生所<毛玉堂>。しっかりもののお美津と、腕は確かだが不愛想な凌雲のもとには、問題を抱えた動物たちが運ばれてくる。初夏のある日、お美津の友人であるお仙に押し切られるようにして、八歳の男児・善次の面倒を任されることになり――。

人も獣も、心を通わせるには、寄り添うことをあきらめちゃいけない。
思いやる人の温もりを描いた、江戸版“ドリトル先生”物語!

 

2019.7.24



スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官

 

      講談社 定価:1620円

  

 

東京・杉並区で男性の腐乱死体が見つかり、法医昆虫学者の赤堀と岩楯刑事が司法解剖に立ち会うことになった。岩楯の相棒となる深水巡査部長、高井戸署署長、鑑識課長らも同席するなかで、大柄で肥満した遺体にメスが入れられていった。と、そのとき、立会人たちが発疹や出血、痒みに襲われ、感染症の疑いでパニックが起きる。岩楯らは隔離されるが、赤堀には心当たりがあった。赤堀は騒ぎの原因を解説し、殺人と推定された被害者の死亡推定月日に迫ろうとする!

 

2019.7.24



超短編小説で学ぶ日本の歴史 54字の物語 史

 

      PHP研究所 定価:1080円

  

 

東大発の知識集団「QuizKnock(クイズノック)」推薦! !
――肖像画にヒゲを描いていたあの時間、54字に注ぎこむべきだったか……!

累計25万部突破! 9マス×6行の原稿用紙につづられた、世界一短い(かもしれない)短編小説として、SNSで話題の『54字の物語』。
シリーズ第4弾は、「日本史」×「空想」!? 重要ワード満載の書き下ろし90話をたっぷり掲載。

 

2019.7.22



ほねほねザウルス (21) ふっかつ! でんせつのファイヤーティラノ 前編

 

      岩崎書店 定価:1058円

  

 

伝説のファイヤーティラノとは!?

ベビー、トップス、ゴンちゃんの元に、
ほねほね忍者ホネ影が現れました。

盗賊退治に出かけたホネ太郎が帰って
こないというのです。
ベビーたちはティラノ火山をめざします!

超人気シリーズ「ほねほねザウルス」。
ほねほね七不思議をクリアしたベビー、
トップス、ゴンちゃん!
21巻からは、その昔ほねほねランドに
君臨していた古代ほねほねザウルスの
生き残り「伝説の七大ほねほねザウルス」
を探す冒険へと旅立ちます!

 

2019.7.20

 



我らが少女A

 

      毎日新聞出版 定価:1944円

  

 

待望の合田雄一郎シリーズ、最新刊!

一人の少女がいた――
合田、痛恨の未解決事件

12年前、クリスマスの早朝。
東京郊外の野川公園で写生中の元中学美術教師が殺害された。
犯人はいまだ逮捕されず、当時の捜査責任者合田の胸に、後悔と未練がくすぶり続ける。
「俺は一体どこで、何を見落としたのか」
そこへ、思いも寄らない新証言が――
動き出す時間が世界の姿を変えていく人々の記憶の片々が織りなす物語の結晶


 

2019.7.19



バタフライ 17歳のシリア難民少女がリオ五輪で泳ぐまで

 

      朝日新聞出版 定価:2052円

  

 

ゆず・北川悠仁さん推薦!
「難民」。
その言葉が持つ暗く重いイメージを忘れさせるほど、
ユスラの笑顔は眩しく輝いていた。
これは、信じがたく厳しい現実の中で、
ひとりの少女(サナギ)が蝶(バタフライ)に成長していく物語だ。

【内容】
一分でもいいから、この波が静まってほしい–––––。
いつの間に、わたしたちの命は
こんなに安くなってしまったの。?
(本文より)

命がけでエーゲ海に飛び込み、騙され、屈辱を味わい、
それでも人生をあきらめなかったシリアの水泳選手、ユスラ・マルディニが、
リオ・オリンピック出場を果たすまでの、真実の物語。

 

2019.7.19



歴史人物ケンミンバトル

 

      朝日新聞出版 定価:1296円

  

 

歴史に名を残す英雄たちが、
各都道府県の代表として登場。同ジャンルの二人が、
時空を超えて戦う32戦。
教科書にも名前が載る有名人の知られざる一面も知ることができる。
これを読めば歴史通になれることまちがいなし! 


 

2019.7.19



平成卒業

 

      講談社 定価:3131円

  

 

平成が終わる2019年4月30日を、平成生まれの1000人が「写ルンです」で撮影した。撮り直せず、デジタル補正もできないカメラで切り取られた”平成最後の日”は強烈なリアリティと魅力を持って観るものに迫る。
過ぎた時代への感謝とこれからの時代への希望を込め、約2000枚の写真をオールカラー192頁函入り、卒業アルバムのような豪華造本でお届けします。

平成は僕らが生まれた時代で、僕らが育った時代で、僕らの全ての思い出があった時代。この本は、平成生まれの私たちが生きた証。私たちの生まれた時代の最終日を一生残る卒業アルバムに記録して、これからの時代を生きる力に。



 

2019.7.18



心を強くする 「世界一のメンタル」50のルール

 

      飛鳥新社 定価:1500円

  

 


大坂なおみを世界一に導いたあのコーチが、
日本人のために書下ろし!

最強の「メンタル」を、あなたに!

ビジネスマン、学生など、夢へ向かうすべての人に。
教師、部下がいる人、育児中の親など、「人を伸ばす方法」が知りたい人にも。

本書は、大坂なおみを日本人初の全米オープン・全豪オープン連続制覇、
世界ランキングNo.1へと導いた「世界最優秀コーチ」が、
その旅路のすべてを明かしつつ、
あなたの人生を変えるメンタル教本としてまとめた「特別な本」です。

 

2019.7.12



トイ・ストーリー4 (ディズニーアニメ小説版)

 

      偕成社 定価:842円

  

 

ディズニー/ピクサー最新作。新たなおもちゃたちの物語!

小さな女の子ボニーの元でくらすウッディたちに、新たな仲間がくわわった。
先割れスプーンで手作りされたフォーキーだ。
フォーキーはおもちゃとしての自覚がなく、家族旅行の車からとびだしてしまう。
それを追うウッディが出会ったのは、骨董品店でくらす女の子の人形ギャビー・ギャビーや、野外でたくましく生きるボー・ピープたちだった。

おもちゃはいつも子どものそばにいるのが一番。
そう信じてきたウッディに、心を動かす出会いがやってくる――。


 

2019.7.12



密室を開ける手 KZ Upper File

      講談社 定価:1512円

  

 


祖父が死んだ――疎遠だった和典は、葬儀当日も通学し参列しなかった。そんな時、母親から父親のクリーニングを取りに行ってほしいと頼まれる。面倒と感じつつも葬儀に参列しなかった引け目から、しぶしぶその役目を引き受けた和典。品物を引き取る際に、店員から依頼はなかったがシミ抜きをしておいたという伝言を受ける。そのシミは大部分にわたる血痕だった――。父親は血を浴びるようなことをしたのか、ととたんに不安になり思いを巡らせる中、母親から最近父親が頻繁に長崎に行くようになり、絶対に女がいるに違いないとヒステリックに話していたことに思い至る。本当にそうなのだろうか? そして父親が通っているという長崎は、偶然にも祖父の出身地であることに気が付いた。何かがある――そう直観した和典は、調査にのりだす。そしてだんだんと分かってきたことは、祖父が戦時中叶えられなかったある強い想いがあるということだった。

 

2019.7.11



魔偶の如き齎すもの

      講談社 定価:1836円

  

 


奇妙な文様が刻まれている魔偶――土偶の骨董――は、所有する者に福と禍をもたらすという……。
大学を卒業して三年目の春を迎えた刀城言耶は、その話を聞いて旧家の屋敷を訪れた。
そこには魔偶に興味を持った者たちがすでに集っていた。
表題作の他、『妖服の如き切るもの』『巫死の如き甦るもの』『獣家の如き吸うもの』を収録した中短篇集。

 

2019.7.11



そのうちなんとかなるだろう

      マガジンハウス 定価:1512円

  

 


「やりたいこと」を諦めたことも、
「やりたくないこと」を我慢したことも、
僕には一度もありません。

思想家・内田樹の痛快人生案内!

心と直感に従って生きればいい。
無理して決断する必要はない。
「なんとなく」選んだことが、
自分にとって一番いい状態だから。

豪快すぎる半生記! 

 

2019.7.11



さよならの儀式

      河出書房新社 定価:1728円

  

 


親子の救済、老人の覚醒、30年前の自分との出会い、仲良しロボットとの別れ、無差別殺傷事件の真相、別の人生の模索……淡く美しい希望が灯る。宮部みゆきの新境地、心ふるえる作品集。

 

2019.7.10



魔法の庭ものがたり23

100年ハチミツのあべこべ魔法

      ポプラ社 定価:1080円

  

 


ジャレットの魔法の庭に、旅の養蜂家、メリッサがやってきます。ハーブのかおりのハチミツをつくりたいというのです。物置のおくの棚にも、ハーブ魔女トパーズが残したハチミツがあったはず、と思いだしたジャレットは、むらさき色に輝くハチミツを見つけます。ある日、それをこっそりなめたネズミのアニーに、ふしぎなことがおこって……。魔女でなくてもかけられる、世界がすてきになる魔法を教えてくれる物語!

 

2019.7.10



きもちのて

      双葉社 定価:1296円

  

 


画家としても活躍する、とんねるず・木梨憲武が描いた本気の絵本。
鮮やかな色彩で描いた「手」が伝えるのは、「おはよう」「ありがとう」「すきだよ」といった、あいさつや気持ち。
親子で一緒に、声にだして読んでほしい、新しいコミュニケーション絵本です。

 

2019.7.10



クジラアタマの王様

      NHK出版 定価:1620円

  

 

待望の最新書き下ろし長篇小説

巧みな仕掛けとエンターテインメントの王道を
貫いたストーリーによって、
伊坂幸太郎の小説が新たな魅力を放った
ノンストップ活劇エンターテインメント。


異物混入、政治家、アイドル、
人々の集まる広場、巨獣、投げる矢、動かない鳥――。

伊坂幸太郎の神髄がここに。

 

2019.7.9



ふたりの怪物 二階俊博と菅義偉

 

      NDNコーポレーション 定価:1620円

  


新元号発表の舞台裏――直撃! ポスト安倍の本命!
「令和おじさん」と「ラストボス」の政権戦略。

新元号「令和」発表以降、国民的注目を浴びる歴代最長の在任期間を誇る「叩き上げ」の内閣官房長官である菅義偉と、自民党内の異論を封じ込め、「安倍3選」を主導した「辣腕」幹事長である二階俊博に直撃し、丹念な関係者取材を重ねた政治ノンフィクション!

「令和」時代の日本政治を震わす怪物ふたりの戦略と胆力に迫る!
「ポスト安倍」は安倍総理本人なのか、あるいは別人か? 6年半に及ぶ第2次安倍政権を支える権力の本丸、総理官邸と巨大与党・自民党を仕切るキーマンの政治的屹立から、政界の実力者・二階俊博と菅義偉の権力の実体、今後の日本政治、その社会的影響を読み解く。
「週刊文春」の元祖トップ屋である作家・大下英治が浮き彫りにする政界黙示録! 

 

2019.7.9



ショートフィルムズ (5分後の隣のシリーズ)

 

      学研プラス 定価:1080円

  


ブックショート(米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジアが展開する短編小説公募プロジェクト)とのコラボレーションした、書籍『ショートフィルムズ』

■感動的な短編映画を観たような読後感の、傑作短編全25話を収録
ノスタルジックな気持ちがわき起こる一枚の写真。眺めていると、波の音、夏の空気、セミの声までもが聞えてきそう。懐かしい青春の1コマ、人生の1シーン…。
そんな喜怒哀楽、切ない感情にあふれた傑作短編小説アンソロジー。

 

2019.7.9



ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー

 

      新潮社 定価:1458円

  


大人の凝り固まった常識を、
子どもたちは軽く飛び越えていく。
世界の縮図のような「元・底辺中学校」での日常を描く、
落涙必至の等身大ノンフィクション。

優等生の「ぼく」が通い始めたのは、人種も貧富もごちゃまぜの
イカした「元・底辺中学校」だった。
ただでさえ思春期ってやつなのに、毎日が事件の連続だ。
人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩むサッカー小僧。
時には貧富の差でギスギスしたり、アイデンティティに悩んだり。
世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の息子と
パンクな母ちゃんの著者は、ともに考え悩み乗り越えていく。

連載中から熱狂的な感想が飛び交った、私的で普遍的な「親子の成長物語」。
 

 

2019.7.9



チコっと冒険2 限定版: Eternal Five CHICO チコっと敷いちゃえレジャーシート付き

 

      徳間書店 定価:2484円

  


チコちゃん写真集第2弾『チコっと冒険2』に、かわいいレジャーシートを付けた限定版です!  

 

2019.7.9



カザアナ

      朝日新聞出版 定価:1836円

  

 

国の規制が増し監視ドローン飛び交う息苦しい社会で、負けじとタフに生きる母・姉・弟の入谷ファミリー。
一家は不思議な力を持つ"カザアナ"と出会い、人々を笑顔にするささやかな奇跡を起こしていく。
読めば心のびやか、興奮とサプライズに満ちた、心弾むエンターテインメント!

 

2019.7.5



希望の糸

      講談社 定価:1836円

  

 

東野圭吾の最新長編書き下ろしは、「家族」の物語。

「死んだ人のことなんか知らない。
あたしは、誰かの代わりに生まれてきたんじゃない」
ある殺人事件で絡み合う、容疑者そして若き刑事の苦悩。
どうしたら、本当の家族になれるのだろうか。

閑静な住宅街で小さな喫茶店を営む女性が殺された。
捜査線上に浮上した常連客だったひとりの男性。
災害で二人の子供を失った彼は、深い悩みを抱えていた。
容疑者たちの複雑な運命に、若き刑事が挑む。

 

2019.7.5



おしごと年鑑 (みつけよう、なりたい自分)

 

      講談社 定価:2160円

  

 

「どうして勉強しなければいけないの?」
「パンツやシャツはなぜ必要?」
「ウインナーとフランクフルトの違いってなに?」
「屋上にプールがあっても水が漏れないのはなぜ?」
「ネットで注文した商品がすぐに届くのはどうして?」
「国旗を掲げる順番に決まりはあるの?」
「自動運転で土木工事ができるってホント?」

子どもたちにとって身近な125の質問に、120の企業や団体がズバリ回答。
日本を代表する企業の仕事が、豊富な図版とかわいいイラスト、わかりやすい文章で楽しく学べます。
子どもたちの憧れの仕事をしている先輩たちも登場。
これ一冊で、ワクワクしながら社会や経済のしくみが理解でき、将来への夢も育てます。

世の中にはどんな仕事があるのだろう、会社に勤めている人は日々何を考えながら働いているのかな、
自分はどんな職業についたらいいの?
子どもたちが抱くこんな疑問や不安にもこたえてくれる必読書です。

 

2019.7.5



飛行機のサバイバル 1

(科学漫画サバイバルシリーズ)

 

      朝日新聞出版 定価:1296円

  

 

 

今度のサバイバルの舞台は空の上!
海外旅行に行くために飛行機に乗ったジオとケイ。
しかしその飛行機には、恐ろしい顔をした連行中の犯罪容疑者や、飛行機恐怖症の人が乗っていて……。
次々と起きる飛行中のトラブルからサバイバルできるか?

 

2019.7.5



かいけつゾロリ うちゅう大さくせん: かいけつゾロリシリーズ65

      ポプラ社 定価:972円

  

 


うちゅうにとりのこされたマニイさんとグレイさんのふたりをすくうため、ゾロリとイシシ、ノシシはおならエネルギーでうごくロボットにのってうちゅうへとびたちます。ひろいうちゅうで、ゾロリたちはふたりをさがしだすことができるのでしょうか?うちゅうには、おそろしいいきものや、うちゅうじんまであらわれて……。ゾロリ、ぜったいぜつめいの大ピンチ!!

 

2019.7.4



地獄のお囃子

      小峰書店 定価:1296円

  

 

日暮れまで遊んではいけないよ。いつのまにか鬼が遊びの仲間に入ってしまうから……。知らずに鬼をよびよせてしまった子どもたちに訪れる「恐怖」を描く、連作短編集。不気味なお囃子があなたを鬼の遊びに誘います。


2019.7.3



ガラスの城壁

      文藝春秋 定価:1512円

  

 


「我が王国を取り戻すために――」
友との誓いを胸に、少年はいま立ちあがる。

中学二年生の悠馬(ゆうま)は、父がネット犯罪に巻き込まれて逮捕されたことがきっかけで、いじめられるようになった。父の無実が明らかになっても、いじめは続き、学校での居場所はない。そんな悠馬の唯一の理解者が、転校生の暁斗(あきと)だった。
そして、暁斗は「ハッキングが得意なら、お父さんの事件の真犯人を捕まえることができるんじゃないか」と悠馬に提案する。二人は事件を調べ始める。ところが、悠馬たちの行く先々に謎の男たちが現れる。はたして悠馬は真相にたどり着けるのか!?

一気読み必至!デビュー15周年累計1000万部突破記念特別書き下ろし作品。


2019.7.3