最近コレが気になっています


日本一、大まかな娘。 アイラブ おおま かなこさん

  

   講談社 定価:972円

  

 

おおらかで小さいことは気にしないアバウト女子の「おおま かなこ」さんの日常の出来事を一挙公開!「こういう子、いるよなあ」と笑ってしまうネタ満載です。第1章 おおまかなこと仕事中 第2章 おおまかなこと恋愛中 【付録】THE LEGEND 母親という元祖おおまかなこ 第3章 おおまかなこと同棲中 【付録】おおまかなこ予備軍 町で見かけるアバウト女子

 

2019.8.31



心。

  

   サンマーク出版 定価:1836円

  

 

ミリオンセラー『生き方』待望の続編が、15年の時を経て刊行!
すべては〝心〟に始まり、〝心〟に終わる。

京セラとKDDIという2つの世界的大企業を立ち上げ、JAL(日本航空)を〝奇跡の再生〟へと導いた、当代随一の経営者がたどりついた、究極の地平とは?
これまで歩んできた80余年の人生を振り返り、また半世紀を超える経営者としての経験を通じて、著者がいま伝えたいメッセージ――それは、「心がすべてを決めている」ということ。

人生で起こってくるあらゆる出来事は自らの心が引き寄せたものであり、すべては心が描いたものの反映である。それを著者は、この世を動かす絶対法則だという。
だから、どんな心で生きるか、心に何を抱くかが、人生を大きく変えていく。
それは人生に幸せをもたらす鍵であるとともに、物事を成功へと導く極意でもあるという。

 

2019.8.31



山田宏一映画インタビュー集 映画はこうしてつくられる

  

   草思社 定価:3888円

  

 

ラウル・クタール、アンナ・カリーナからゴダール、サミュエル・フラーまで、19人の映画人を著者が「映画作りの秘密」について、真剣に、ときに親密に、機微にわたって聞き、採録された最高に面白いインタビュー。これは稀有な記録である。

 

2019.8.30



ゼロからわかる お金のきほん

  

   高橋書店 定価:1296円

  

 

「ズボラな私でもできますか?」
働いているのに
お金が貯まらない、
そんな女性のための
等身大コミックエッセイ


お金のことって
誰も教えてくれないし、相談もしづらい。
テレビやネットから流れてくる情報に
振り回されて疲れちゃうこともある。
働いてお金を稼いでいるのに
いつもどこか不安で、なんだかモヤモヤ…
そんな働く女性を代表して
5人の専門家を徹底取材。

 

2019.8.30



まなの本棚

  

   小学館 定価:1512円

  

 

運命の1冊に出逢うためのヒントに!

「本の出逢いは人との出逢いと同じ」
年間100冊以上も読み、本について語り出したら止まらない芦田愛菜が
本当は教えたくない“秘密の約100冊”をご紹介。
世代を超えて全ての人が手に取ってみたくなる
考える力をつけたい親御さんと子供たちにも必読の書です。

Q 本の魅力にとりつかれた初めての1冊は?
Q 一体、いつ読んでいるの?
Q どんなジャンルの本を読むの?
Q 本を好きになるにはどうしたらいい?
Q 好きな登場人物は?

 

2019.8.30



人生のサバイバル力 17歳の特別教室

  

   講談社 定価:1296円

  

 

何のために勉強するのか?歴史から何を学ぶか?これからの時代をどう生きるか?
君たちに必要なのは、人生で壁に出会ったとき、それを打ち破るためのいろんな知識=「総合知」を身につけることだ。佐藤優が次世代に手渡す、ハードな世界を生き延びる知恵!
「17歳の特別教室」シリーズ=大人前夜の君たちへ。学校では教えてくれない本物の知恵を伝える白熱授業。
 

2019.8.29



答えより問いを探して 17歳の特別教室

  

   講談社 定価:1296円

  

 

あたりまえを疑ってみると、知らない世界が見えてくる。「読む」と「書く」の体験をとおして自分が変わる、人生が変わる。子どもも大人も目からウロコの、超・文章教室!
「ぼくは、先生の役割って、一つの狭い常識のなかで生きている人に、そうじゃないよと教えてくれて、でも、その答えは自分で見つけなさいよ、といってくれることだと思います。」(本書より)
「17歳の特別教室」シリーズ=大人前夜のきみたちへ。学校では教えてくれない本物の知恵を伝える白熱授業。

 

2019.8.29



スポーツの迷路 水泳、サッカー、スキー。。。

60競技をかけぬけろ!

  

   PHP研究所 定価:1404円

  

 

ベストセラー香川元太郎の「遊んで学べる」迷路シリーズ第16弾!
★初回限定★
『進化の迷路』『物語の迷路』『乗り物の迷路』『動物の迷路』『お化けの迷路』の人気場面が入った「超むずかしい!まちがいさがし」がついてくる!
さあ、迷路マラソンがはじまるよ。いろんなスポーツ会場をめぐり、かくしえをみつけて、無事にゴールできるかな?
迷路、かくしえの他に、どの場面にも仕掛けがいっぱい!
観客席の人が文字をつくる「英語ひともじ」、いろんな国と地域の旗をみつける「国旗をさがそう」、ほかにも競技や種目の名前があちこちにかくれています。また、最初のページから最後のページまで、12場面を通して、しりとりで言葉をつなぐ「しりとリレー」など、様々な設問があり何度でも楽しめます。

 

2019.8.29



三匹の子豚

  

   講談社 定価:1728円

  

 

『三匹の子豚』が朝ドラで大ヒットした斉川亜樹。鳴かず飛ばずの時代からようやく抜け出し、忙しくも穏やかな生活を送っていた。そんなある日、彼女のもとに武蔵野市役所から一通の封書が届く。その内容は、会った覚えもない、叔母の赤松三代子なる人物の扶養が可能かどうかという照会だった。亜樹はパニックに陥る。見ず知らずの叔母の面倒を本当にみる義務があるのか――と。混乱しつつも役所からの問い合わせは放置していると、急に固定電話が鳴る。電話を取ると、相手は開口一番、赤松三代子のことで話があるという。問い合わせの回答をしていなかったので、役所からの電話かと思いきや、『NPO法人 ありがとうの里』の菊村藍子という人物からだったとわかる。彼女は、会って三代子の話がしたいと言う。仕方なく会う約束をした亜樹だったのだが――。

真梨ワールド炸裂! 衝撃の結末にページをめくる手が止められない!

 

2019.8.29



空飛ぶくじら部 (カラフルノベル)

  

   PHP研究所 定価:1296円

  

 

中2の頼子と凪人は空飛ぶくじらに吸い込まれどこともしれない場所へタイムスリップ!「活動日誌」6話分のふしぎな冒険ファンタジー。

 

2019.8.28



不登校からメジャーへ イチローを超えかけた男

  

   光文社 定価:1080円

  

高校野球期待の逸材は、なぜ不登校になったのか?一度外れたレールに
戻るため、どうあがき苦しんだのか?孤独と焦り、秘めたる自信とまま
ならぬ社会や制度の壁、周囲の人々の支援――。
日大藤沢高校→不登校・引きこもり・留年・高校中退→渡米→新宿山吹高
校(定時制)→法政大学→渡米――イチローよりも早く、「日本人初の野
手メジャーリーガー」の称号を手に入れかけた男の不屈の生き様を、『牛
を飼う球団』(小学館、小学館ノンフィクション大賞候補作)の著者が描
き切る!

2019.8.27



犯人に告ぐ(3) 紅の影

  

   双葉社 定価:1944円

  

横浜の洋菓子メーカー〔ミナト堂〕の父子を誘拐した〔大日本誘拐団〕の実行犯逮捕から間もなく、
神奈川県警特別捜査官の巻島史彦は、主犯格と見られる淡野を追っていた。
一方、捜査の手をかいくぐって逃げ延びた淡野は鎌倉に潜伏し、警察を出し抜く新たな犯罪計画を立てていた――。
大人気警察小説シリーズ、待望の第3弾。

 

2019.8.23



折れない心を育てる いのちの授業

  

   角川書店 定価:1080円

  

人生を歩み続ける力、折れない心の育て方を「ホスピス」の現場から学ぶ

25万部突破の「今日が人生最後の日だと思って生きなさい」の著者がおくる「今、最も中学生へ伝えたいこと」をまとめた最新刊。

コミュニケーションツールの多様化により複雑になっている人間関係、ひきこもり、不登校など……生きづらさを抱える子どもたち、そして様々な場面で悩み苦しんでいる大人に向けて、ホスピス医として今まで3000人以上看取ってきた著者が、「自分が命の現場で学んだことを伝えたい」としてスタートした「折れない心を育てるいのちの授業」プロジェクト(OKプロジェクト)。本書では、2人の中学生・ユキとはるかの「自分を認めて人に優しくなれる物語」として、そのエッセンスを取り入れながら、自分、そして他人の苦しみ・悩みとの向き合い方や「自分はこれで良い」と思える自己肯定感の育み方など、これからの人生を強く優しく歩み続けるために大切なことを伝えていきます。親子で一緒に読む本としておすすめです。 

 

2019.8.23



おしりたんてい ラッキーキャットは だれの てに!

  

   ポプラ社 定価:1058円

  

 

今度のおはなしは、ラッキーキャットが舞台。マスターやすず、ほか、おなじみのキャラクターが大活躍! マスターにつきそって、オークションに出かけたおしりたんていとブラウン。マスターがほしがっていたまねきねこには実はひみつがあって…今回の事件も、おしりたんていがププッと解決いたします。同時収録は「おもいでの まねきねこ」。大人気シリーズ待望の最新刊!  

2019.8.23



落花狼藉

  

   双葉社 定価:1728円

  

花仍は吉原にある西田屋の女将。主の甚右衛門に拾われた花仍は、店の娘分として育ったのち、甚右衛門の妻になった。
十三年越しの願いが叶い、甚右衛門はお上に傾城町を作る許しを得たが、築かれたのは果たして「女の城」だったのか <? br>江戸幕府公認の遊郭・吉原の黎明を描いた傑作長編小説。  

2019.8.23



20 誤判対策室

  

   講談社 定価:1728円

  

見破ってみてください、私の完全犯罪を。

殺人の証明ができなければ、娘の命はない――。仕掛けられた不可解なゲームに、正義は容易く翻弄される。見つからない手がかり、迫るタイムリミット。絶体絶命の老刑事が己の矜持をかけて臨む、運命の20日間。

7つの「20」が導く禁断の真実。ノンストップ・サスペンスの新定番!


2019.8.21



The Atlas Obscura 世界秘境マップ 冒険大好きキッズのための探検ガイド

  

   飛鳥新社 定価:2160円

  

ニューヨークタイムズ絶賛の全米ベストセラー冒険絵本が、ついに日本上陸!
不気味な地下世界、巨大な洞窟、海の底にある水中都市、小さな、小さな、ミニチェアの国…。この本で紹介している驚きの場所は、すべて地球のどこかに実在する。やさしい気持ちと、好奇心と、学びの精神を持って今すぐ出発しよう。
世界47か国、100か所の「秘境」を、大迫力の豪華イラストで紹介!きょうだと、友だちと、そして親子で楽しめる一冊。

2019.8.19



シルバー川柳日めくり: マムちゃんの爆笑コメントつき

  

   河出書房新社 定価:1080円

  

一日一笑でまいにち元気! 60歳以上のシニアによる傑作川柳の日めくり。シルバーのアイドル、マムちゃんの毒舌爆笑コメントつき!

2019.8.19



サザエさんヒストリーブック1969-2019

  

   扶桑社 定価:1404円

  

サザエさん50年の歩みを詰め込んだ永久保存版の一冊!
1969年10月5日に放送がスタートしたアニメ『サザエさん』。
昭和から平成、そして令和と3つの時代を走り抜け、2019年についに放送50周年を迎えます!
本書はその歴史を振り返り、改めてサザエさんの魅力をお届けする一冊になっています。

2019.8.9



読めば読むほど知恵が身につく まほうの寓話

  

   幻冬舎 定価:1296円

  

“頭がいい"って、ほんとはどういうことなんだろう?
IQでは測れない「生きる力」の本質がわかる、古今東西の寓話集。


生きていると、大人でも答えを出すことが難しい問題に何度も直面します。
ピンチを切り抜け、後悔のない選択をするために必要なのが
私たち一人ひとりが持つ知恵の力です。

本書ではイソップ童話、ユダヤ民話、中国古典など、
世界中から集めた30の寓話を6つのテーマに分けて解説と共に紹介し、
これからの時代を力強く生きていくために必要な「本当の賢さ」を読者の皆さんと一緒に考えます。

この本から得た知恵が、いつかきっと皆さんを助ける大きな力になるはずです。

2019.8.9



森語りの日々

  

   報知新聞社 定価:1998円

  

 小説家・森博嗣は日々何を思い、考えているのか? 2018年7月1日から半年間の毎日の仕事、遊び、思考の詳細。森博嗣堂浮遊書店ブログ「店主の雑駁」から3冊目の書籍化。

◎靴下は、どうして「靴の下」なのでしょう?
◎お経をスマホで撮ってインスタにアップしたら、現代の写経になりますが、ご利益があるでしょうか。
◎大事なことは、そこに法則性を見出すこと。昨日から今日への変化の理由を考えることです。
◎飲酒は、年齢制限も法律化されているのに、免許制がないのは、どうしてなのかな?
◎一番好条件で一瞬発揮できるものではなく、最悪条件で長く維持できるものが、「性能」という指標です。
◎断捨離をするなら、まず一番最初に処分すべきものは、スマホでしょう。 

2019.8.8



ふたご探偵3 暗黒博士と地下研究所

  

   KADOKAWA 定価:950円

  

 


秘密の通路でなぞめいた地下研究所へ! 行方不明の母親は見つかるのか?

なぞ解(と)きが大好きなライラと、手品が大好きなジェイクは、仲良しのふたごのきょうだい。
担任の先生が急に姿を消した事件を解決しようと、捜査(そうさ)を始める。
そして、2年前に姿(すがた)を消した2人の母親の研究がかかわっているかもしれないと知る。
ウォルドーに教えてもらった地下通路を通って、研究所の場所をつきとめようとするが──。

 

2019.8.8



レンマ学

  

   講談社 定価:2916円

  

 


大乗仏教、哲学、量子論、言語学、精神分析、数学、生命科学、脳科学……を超えて、東洋知の結晶した華厳経の潜在力を大展開する未来のサピエンス学へ! 『チベットのモーツァルト』に始まった心と脳をめぐる探究の頂。文芸誌『群像』の連載「レンマ学」がついに単行本化!

 

2019.8.8



私の高校野球 2

  

   報知新聞社 定価:1500円

  

 



創刊42年目を迎えた雑誌「報知高校野球」で200回を超える名物連載「私の高校野球」書籍化第2巻! 第2弾も16人の名だたる監督をピックアップ。 苦も楽もたくさん経験してきた指導者たちの、生の声をお届けします。高校野球だけでなく、組織作りに悩む方々にもおススメの一冊です。

 

2019.8.7



彗星図書館

  

   講談社 定価:2484円

  

 

生まれ変わっても、本に埋もれていたい。

女王の図書館は、天体をめぐりめぐってあなたのもとへ。

《この彗星図書館には、皆川博子館長が蒐集してきた名作・稀覯本が収められている。知らない、読んだことがない、見つからない――。
そんなことはどうでもよろしい。読みたければ、世界をくまなく歩き、発見されたし。運良く手に入れられたら、未知の歓びを得られるだろう。(彗星図書館・司書)》

小説の女王・皆川博子が耽溺した、永遠に残したい本の数々。
『辺境図書館』に続く、完全保存版ブックガイド。(短編も一本収蔵)

 

2019.8.7



Cocoon 修羅の目覚め

  

   講談社 定価:1458円

  

 

戦う花魁。シリーズ、開幕!
第13回小説現代長編新人賞奨励賞受賞。

天明期の江戸・吉原。大見世である「黒羽屋」の最高級遊女・花魁として名を馳せる主人公の瑠璃は、江戸に跋扈する鬼を滅する闇組織・黒雲の頭領という裏の顔を持っていた。彼女は妖刀・飛雷を操り、恨みを強く抱いて死んだ者がなる「鬼」を退治するのを任務としていたのだ。遊女の身でありながら自由な立場と権力を有するその強い力に惹かれ、様々な妖が瑠璃の下に集まることもしばしば。黒羽屋で若い衆として働きながら瑠璃を支える黒雲のメンバーに裕福な太客たち、仲の良い朋輩にも恵まれている瑠璃だが、己が持つ尋常ならざる力と鬼に対する嗜虐的な思考に苦悩もしていた。そんなある時、親友でもある朋輩が失踪した。

 

2019.8.7



コナーの四つの物語

  

   平凡社 定価:2052円

  

 

コナーが自作の四つの物語からヒーローをスカウトする!? 双子の兄妹が童話の世界を駆け巡る全米ベストセラー冒険ファンタジーシリーズ第5弾! ハリウッド映画化決定!(全6巻)

 

2019.8.5



原爆を見た少年(上)

  

   講談社 定価:2052円

  

 

原爆は過去の歴史か?
遠い国の物語か?

広島から長崎へ、老医師と少年の旅が始まる。
脳血管外科の世界的名医が描く、魂が震える、迫真のドラマ!

脳の血管病を持つ広島の崩壊家庭に育った少年・ヒカル。
その命を救った脳血管外科のパイオニアの老医師・火男。
命は救われたものの、天涯孤独となったヒカルは高校をドロップアウト。
一方、医療崩壊といわれるすさんだ医療現場での仕事に燃え尽きた火男は、故郷の長崎に帰る途中の三原で、偶然、ヒカルと再会する。
そのふたりの前に建つ、1597年に殉教した二十六聖人の一人、トマス小崎の像。その二十六聖人に導かれるようにふたりの長崎への旅が始まる。
とともに長崎に旅して、<時>について思いを巡らせ、1年かけて殉教と原爆について学ぶ。そして、生命の実相に触れることで心を被っていた殻が破られてゆく……。

 

2019.8.5



高校野球が10倍おもしろくなる本

  

   青志社 定価:1404円

  

 

100年以上続く高校野球をどうすればいいのか!

ガチンコ熱闘甲子園!
なぜ日本の高校野球はこんなにスゴイのか、どうしたらもっと進化するのか

甲子園と熱き高校野球のトリセツ

 

2019.8.5



烈風ただなか

  

   KADOKAWA 定価:1728円

  

 

江戸時代中期、十五万石を超える富裕な石久藩。鳥羽新吾は上士の息子でありながら、藩校から郷校「薫風館」に転学、自由な気風を謳歌していた。その「薫風館」で陰謀が起きる。かつての学友たちが斬殺され、その真相を知った学友だった瀬島が自害。中老である彼の父も罷職となった。真実を知るはずの新吾の父は、事件後何事もなかったかのように妾宅に住み、そして二年が過ぎようとしていた。新吾は元服を迎え、親友の栄太は江戸へ遊学し同じく同輩の弘太郎には嫁取りの話が来ている。ゆっくりと時が進んでいたある日、弘太郎の近所で太刀傷の死体を見たと証言した隠居の老人が事故死する。同時に、弘太郎の許嫁の八千代が不自然に新吾の姓「鳥羽」に対し戦く。そして、突然栄太が謎の理由で帰郷する。かつての陰謀から、再び陰嵐の気配がわき起こる。最も熱い「青春時代小説」!

 

2019.8.2



ねこねこ日本史でよくわかる 日本の歴史 飛翔編

  

   実業之日本社 定価:950円

  

 

大人気4コママンガ『ねこねこ日本史』から歴史学習書が登場!!
ゆる~く歴史が学べる擬猫4コママンガ『ねこねこ日本史』。
NHK・Eテレにてアニメも放送中の本作をもとにした歴史学習書第3弾。

『ねこねこ日本史』のかわいい猫イラストとわかりやすい解説で
日本史の入門書としてピッタリ。
日本史の偉人の解説を中心に、年号語呂合わせやクイズも付いた充実の一冊です。
この本を読んで日本史の世界に飛び込もう!!

 

2019.8.1



ゆるゆる外来生物図鑑

  

学研プラス 定価:1058円

  

 

池の水を抜かなくたって出会える外来生物大集合!テレビで大人気の加藤英明先生監修の楽しくてタメになる外来生物図鑑!

 

2019.8.1



上級国民/下級国民 (小学館新書)

  

小学館 定価:886円

 

 

やっぱり本当だった。

いったん「下級国民」に落ちてしまえば、「下級国民」として老い、死んでいくしかない。幸福な人生を手に入れられるのは「上級国民」だけだ──。これが現代日本社会を生きる多くのひとたちの本音だというのです。(まえがきより)

バブル崩壊後の平成の労働市場が生み落とした多くの「下級国民」たち。彼らを待ち受けるのは、共同体からも性愛からも排除されるという“残酷な運命”。一方でそれらを独占するのは少数の「上級国民」たちだ。

「上級/下級」の分断は、日本ばかりではない。アメリカのトランプ大統領選出、イギリスのブレグジット(EU離脱)、フランスの黄色ベスト(ジレジョーヌ)デモなど、欧米社会を揺るがす出来事はどれも「下級国民」による「上級国民」への抗議行動だ。

「知識社会化・リベラル化・グローバル化」という巨大な潮流のなかで、世界が総体としてはゆたかになり、ひとびとが全体としては幸福になるのとひきかえに、先進国のマジョリティは「上級国民/下級国民」へと分断されていく──。

 

2019.8.1



探偵チームKZ事件ノート 校門の白魔女は知っている

  

講談社 定価:886円

 

 


道路で、とんでもないものをフンづけた若武は、大激怒! KZを招集し、犯人探しを始める。その臭いを記憶させられたり、分析させられたりと、KZメンバーは大苦戦。一方、彩は、学校のアイドルと言われる美少女の秘密に気付き、なんとか助けたいと1人で活動を始める。やがて学校近くの廃屋から、大量の白骨が発見され・・・。

<小学校上級から すべての漢字にふりがなつき>

 

2019.8.1