最近コレが気になっています


人面瘡探偵

  

  小学館 定価:1760円

 



人面瘡×相続鑑定士コンビが怪事件に挑む!

相続鑑定士の三津木六兵の右肩には、人面瘡が寄生している。六兵は頭脳明晰な彼を”ジンさん”と名付け、何でも相談して生きてきた。
信州随一の山林王である本城家の当主・本城蔵之助が亡くなり、六兵は相続のため現地に派遣される。遺産をめぐって一族に骨肉の争いが起きる中、長男の武一郎夫婦が蔵で焼け死に、次男の孝次が水車小屋で絞殺され、相続人が次々に不可解な死を遂げていく。
幼い息子を連れて出戻った長女の沙夜子、家政婦の久瑠実、料理人の沢崎、顧問弁護士の柊……。さまざまな感情が渦巻く本城家で起きる連続死事件の真相とは!?
六兵は、毒舌なジンさんに叱責されながら二人三脚で事件を追っていく。
切れ者の人面瘡とボンクラな相続鑑定士のコンビが限界集落で怪事件に挑む、現代の横溝正史的ミステリー!!

 

2019.11.15



わたしのわごむはわたさない

  

  PHP研究所 定価:1100円

 



ゴミ箱の横にわごむが落ちていた。お母さんに「ちょうだい」って聞いたら「いいよ」だって。やった!このわごむは、わたしのだ!!
わたしはずっとほしかったの。お兄ちゃんのおさがりでもない、みんなで仲良く使うものでもない、ちょっとだけかしてもらうものでもない、わたしだけのものが。
今日はわごむといっしょにお風呂に入るし、夜はもちろんいっしょに寝るわ。そして、大人になったら、このわごむでおしゃれを楽しむつもり。この先わたしがもらうたくさんのラブレターも、このわごむで束ねるの。世界中の悪い人をこのわごむで捕まえてもいいわ。それに、宇宙人がきたらこのわごむでやっつけて地球を救うわ。
この本を読んだら、きっとあなたもわごむがほしくなる!?ヨシタケシンスケのユーモア絵本。

 

2019.11.11



永遠に刻みたい イチロー262のメッセージ

  

  ぴあ 定価:1100円

 



今年の3月21日に現役引退を発表したイチロー氏の、2013年春から2019年春までの言葉を集めたシリーズ最後の語録。
いくつもの夢をつかみ、これからも夢をつかみ続けるイチロー氏のメッセージが、多くの人たちの“夢をつかむヒント"になればという思いから発売にいたりました。
2005年『イチロー 262のメッセージ』、2007年『未来をかえる イチロー 262のNextメッセージ』、
2013年『自己を変革する イチロー262のメッセージ』に続く、イチロー“語録"第4弾も、これまで同様に「本人の言葉のみ」を抽出する"ことにこだわり、カバンに入れて持ち運べるサイズになっています。

 

2019.11.11



夕焼けポスト

  

  ポプラ社 定価:1540円

 



日没寸前の川沿いに、不思議なポストがあらわれる。それはあらゆる人間の願いや苦しみを受け止めるポストだった――。ポストの管理人である「私」は悩みを寄せる人々に返事の手紙を書き続ける、まるでなにかの贖罪のように。励ます側である「私」こそ、じつは出口のない苦悩にあえぐ傷だらけの人間だったのだ――。ぎりぎりからの反転、呆然とする耀き。様々な境遇にいる人たちの手紙によって織りなされるこの物語は、世界12言語に翻訳され感動を呼んだ『あん』の著者のもうひとつの原点である。


 

2019.11.11



ノラネコぐんだん カレーライス

  

  白泉社 定価:1320円

 



累計150万部の大ヒットシリーズ最新刊!
ジャングルの開放感あふれる佇まいが素敵な「ワンワンカレーライス」が舞台です。
今回は、なんと屋根の上からお店をのぞくノラネコぐんだん。夜が更けるとお店に忍び込み、大量のシーフードカレーを作りました。「カレーライス かんたんだったね かんたんだったよ」と得意げなノラネコたち。
でもその背後には、「ガルル、いいにおい……」と、暗闇に光るふたつの目が―

 

2019.11.8



41歳の東大生

  

  草思社 定価:1650円

 



この物語は、私が41歳のときに東京大学に合格、
入学してから卒業するまでの4年間を軸に、
その前後各20年以上にわたる出来事を描いた実話です。
一度大学を出ていながら、なぜもう一度大学に入って勉強しようと思ったのか。
妻子があり、仕事をしていた私が、多くの人たちに支えられて、
どうやって昼間の仕事を続けながら東京大学に通い、
四年間で卒業することができたのか。
詳しくはぜひ本文をお読みいただきたいと思います。
おそらく、ほとんどの読者の方にとって、
今までに一度も聞いたこともない、読んだこともない物語のはずです

 

2019.11.8



グッドバイ

  

  朝日新聞出版 定価:1760円

 


菜種油を扱う長崎の大店・大浦屋を継いだ希以(けい)26歳。
幕末の黒船騒ぎで世情騒がしい折、じり貧になる前に新たな商売を考える希以に、
古いしきたりを重んじる番頭の弥右衛門はいい顔をしない。

やがて店は火事で焼け落ち、父は出奔、迎えた婿も気に入らず、
いつしか独りで大浦屋を支えることを誓う。
幼い頃に亡くなった祖父から聞いた言葉、「海はこの世界のどこにでもつながっとるばい。昔は自在に交易できたばい。才覚さえあれば、異人とでも好いたように渡りあえた」が幾たびもも胸に甦る。

成功と落胆を繰り返しつつ、希以――大浦慶が経たいくつもの出会いと別れ。
彼女が目指したもの、手に入れたもの、失ったものとはいったい何だったのか。
円熟の名手が描く傑作評伝。

 

2019.11.7



檸檬の棘

  

  講談社 定価:1540円

 

孤高のミュージシャン、そして小説家。
魂の最新長編書き下ろし。
「十四歳。私は父を殺すことに決めた」

孤独と怒りを抱えた少女が、崩壊寸前の家族を捨て、
全寮制の中学校へ行くのは圧倒的なひらめきだった。
家を出て行った父と、それを受け止めた母、静かに悲しむ弟。
四人家族の輪から最初に抜けたのは、私。
それでも私は「父親」という存在にいつまでも囚われている。

許せない、苦しい、わかってほしい。
私は「特別な子ども」になりたかったーー。
「この話を書かずに、のうのうと作家人生を送れたら良かったのにーー黒木渚」

4年ぶりフルアルバム「檸檬の棘」同名小説、ついに刊行!

 

2019.11.7



タスキメシ 箱根

  

  小学館 定価:1650円

 


箱根駅伝100年!胸熱スポーツ小説決定版

あの眞家早馬が「駅伝」の世界に戻ってきた!
大学卒業後、管理栄養士として病院で働いていた早馬は、紫峰大学駅伝部のコーチアシスタント兼栄養管理として、部員たちと箱根駅伝初出場を目指すことになる。高校時代、大学時代も陸上の名門校で長距離走選手として期待されたものの、怪我から思うような成績を残せなかった早馬。その背景にあった、嫉妬、諦め、苦い思い――。数々の挫折を経験した者として部員たちに寄り添い、食の大切さ、目標達成の楽しさを伝えようと奮闘する早馬。そんな彼のことをキャプテンの4年生、仙波千早は最初は受け入れられずにいたが……。
一度も箱根駅伝に出場できない弱小チーム。でも、だからこそ、「箱根駅伝に出たい」「箱根を走らせてやりたい」。徐々にひとつになっていく千早たち部員の熱い願い、そして早馬が見つけた新たな夢は、果たして叶うのか――。
臨場感溢れる箱根駅伝本戦の描写とともに、丁寧に描かれるそれぞれの心情。エリートではない若者たちの夢、苦悩、様々な思いが、箱根路を駆  

 

2019.11.6



彼方のゴールド

  

  文藝春秋 定価:1595円

 

 

 

野球もサッカーも知らずスポーツ雑誌に配属された明日香には、ある競技に纏わる苦い思い出が……。人気の出版社お仕事小説第三弾。

 

2019.10.31



哲学人生問答 17歳の特別教室

  

  講談社 定価:1430円

 

いじってくる相手との距離の取り方がわかりません」
「給料とやりがい、どちらで仕事を選べば幸福になれますか」
「ありのままの自分を受け入れられません」
「嫌いな人との付き合いが避けられない時、どうしたらいいでしょうか」
「自殺しようとしている人を止めるのは善でしょうか、悪でしょうか」

現役高校生と哲学者が熱くたたかわせた、本気の人生問答。

「生きていくこと」「幸福になること」についての高校生からの人生相談に、哲学者の岸見一郎さんが先人の知恵を生かして真摯に答えます。

大人前夜のきみたちへ。学校では教えてくれない本物の知恵を伝える白熱授業。
「17歳の特別教室」シリーズ第4弾。  

 

2019.10.31



倒れるときは前のめり ふたたび

  

  角川書店 定価:1540円

 

有川ひろの魅力がつまったエッセイ集、第2弾! 書き下ろし小説も収録!

書き下ろし掌編「彼女の本棚」と、中編小説「サマーフェスタ」を特別収録! 愛する本たちへの想い、ネット時代に思うことなどのほか、ペンネーム変更の理由も語られる。稀代の人気作家のエッセイ集第2弾。

 

2019.10.31



〈危機〉の正体

  

  講談社 定価:1650円

 

 

暴発するテロ、迫るファシズム、広がるインターネットの闇、底なしの格差と貧困。
世界を覆う「見えない危機」の正体を見抜き、現代を生き抜くための最強の読解力を指南する。

〈危機とは、もともとギリシア語で峠とか分かれ道を意味する「クリシス」に由来する概念だ。分かれ道に関しては、選択を間違えると、とんでもない方向に進むことになり、目的地に到達することはできない。従って、われわれが危機について語るときは、単に危機という現象について、分析し、認識するだけでは不十分だ。危機から抜け出す処方箋についても考えなくてはならない。〉――佐藤優(まえがきより)

同時多発テロ/オウム真理教/官僚の不正/トランプ現象/北朝鮮の脅威/ヘイト言説/日米同盟/沖縄基地問題/外国人労働者受け入れ/相模原事件/子どもの貧困……
現代の危機を神学の知恵で読み解き、希望への処方箋を提示する。
 

 

2019.10.31



親が知っておきたい学びの本質の教科書 教科別編

  

  朝日学生出版 定価:1650円

 

 

2020年教育改革。本質さえおさえていれば何も怖くない!
時代の先端をいく真の先生たちが指南する!
「2020年教育改革――。不安だらけだけど、どうすればいい」<? br> そんな保護者の悩みにこたえるべく、東大受験漫画『ドラゴン桜2』の主人公・桜木建二が
識者に取材して集めた最新の受験&学習情報を教科別にこっそり伝授します。
「学校で求められているのはノンフィクションを書く力」(最相葉月さん)、
「算数が得意になるかは小2が分かれ目」(牛瀧文宏さん)、
「社会こそ、読解力を伸ばす」(伊藤賀一さん)、「算数が苦手でも理系に進め」(福岡伸一さん)など、
識者のことばは、固定概念を覆すものばかり。『ドラゴン桜2』漫画本編からの抜粋も多数掲載しています。
 

 

2019.10.31



親が知っておきたい学びの本質の教科書 教科別編

  

  朝日学生出版 定価:1650円

 

 

2020年教育改革。本質さえおさえていれば何も怖くない!
時代の先端をいく真の先生たちが指南する!
「2020年教育改革――。不安だらけだけど、どうすればいい」<? br> そんな保護者の悩みにこたえるべく、東大受験漫画『ドラゴン桜2』の主人公・桜木建二が
識者に取材して集めた最新の受験&学習情報を教科別にこっそり伝授します。
「学校で求められているのはノンフィクションを書く力」(最相葉月さん)、
「算数が得意になるかは小2が分かれ目」(牛瀧文宏さん)、
「社会こそ、読解力を伸ばす」(伊藤賀一さん)、「算数が苦手でも理系に進め」(福岡伸一さん)など、
識者のことばは、固定概念を覆すものばかり。『ドラゴン桜2』漫画本編からの抜粋も多数掲載しています。
 

 

2019.10.31



カエルの小指 a murder of crows

  

  講談社 定価:1780円

 

「久々に、派手なペテン仕掛けるぞ」詐欺師から足を洗い、口の上手さを武器に実演販売士として真っ当に生きる道を選んだ武沢竹夫。しかし謎めいた中学生・キョウが「とんでもない依頼」とともに現れたことで
彼の生活は一変する。シビアな現実に生きるキョウを目の当たりにした武沢は、ふたたびペテンの世界に戻ることを決意。そしてかつての仲間――まひろ、やひろ、貫太郎らと再集結し、キョウを救うために「超人気テレビ番組」を巻き込んだド派手な大仕掛けを計画するが……。

 

2019.10.29



夜 は お し ま い

  

  講談社 定価:1540円

 

性とお金と嘘と愛に塗れたこの世界を、私たちは生きている。
深い闇の果てに光を掴もうとする女性たちの、闘いと解放。直木賞作家の真骨頂!

とにかく、私たちは生き残った。闇夜に潜む蛙に怯えていた子供時代から。
ミスコンで無遠慮に価値をつけられる私。お金のために愛人業をする私。夫とはセックスしたくない私。本当に愛する人とは結ばれない私――。
秘密を抱える神父・金井のもとを訪れる四人の女性。逃げ道のない女という性を抉るように描く、島本理生の到達点。

 

2019.10.25



源匣記 獲生伝

  

  講談社 定価:1980円

 

人知を超える力を持つ「小匣」を有する真族により村を焼かれ、両親を目の前で殺されてしまった少年がいた。その名も、木曾捨丸。被征服民出身の彼は、時を経て、復讐のために立ち上がる。真族の賊から小匣を略奪し、獲生と名乗りを変えた捨丸は、真族の領地へ乗り込んだ。波乱の時代の中で、一兵卒から仲間とともに一大勢力を築き上げていく獲生だったが、真族の王が起こした蛮行と、軍の中で切磋琢磨しあった友・転疾がもたらす驚愕の事実を前に、事態は風雲急を告げる!
幾度となく訪れる試練と戦いの果て、千年にわたる王朝史が大きく書き換わる――!
「匣」により超能力を得た若き帝vs. 千年にわたる被征服民の復讐者
大陸の覇権を巡って、かつての友が真っ向勝負!超弩級の日華融合ファンタジー大戦!

 

2019.10.25



わたしの良い子

  

  中央公論新社 定価:1760円

 

「どうしてちゃんとできないの?他の子みたいに」 出奔した妹の子ども・朔と暮らすことになった椿。 勉強が苦手で内にこもりがちな、決して《育てやすく》はない朔との生活の中で、椿は彼を無意識に他の子どもと比べていることに気づく。 それは、大人としてやってもいいことなのだろうか――。 大人が言う「良い子」って、何? 女性共感率No.1作家・寺地はるなが、真っ正面から描き出す!

 

2019.10.25



ふしぎ駄菓子屋 銭天堂12

  

  偕成社 定価:990円

 

銭天堂の駄菓子を買った客をつきとめ、リサーチをおこなう紳士。彼はいったい何者なのか? 人気シリーズ第2シーズン開幕。

 

2019.10.24



自衛隊防災BOOK 2

  

  マガジンハウス 定価:1320円

 

30万部のベストセラー『自衛隊防災BOOK』の第2弾が、いよいよ登場します!
全国の自衛官が実践する防災の知恵=ライフハック満載の、備えあれば憂いなしの一冊です。
大雨、地震、火事、強風、大雪など、日本の災害に備えるライフハックを、分かりやすいイラストと写真で、誰でもちゃんと覚えて、実行できます。
「なるほど、そうなのか!」満載、災害の前兆、事前の対策、災害時の対応などを、懇切丁寧にまとめました。まさに、防災備品ならぬ、防災備“本"!パワーアップした、第2弾の登場です。

 

2019.10.24



5分後に超ハッピーエンド (5分シリーズ)

  

  河出書房新社 定価:1078円

 

小説投稿サイト「エブリスタ」に集まった7万作超の中から、最高に幸せな気分になれる作品ばかりを集めた短編集!

 

2019.10.21 



5分後に猛毒なラスト (5分シリーズ)

  

  河出書房新社 定価:1078円

 

この刺激、クセになる! 小説投稿サイト「エブリスタ」に集まった7万作超の中から選ばれた、人間の闇ばかりの短編集。

 

2019.10.21 



スガリさんの感想文はいつだって斜め上 2

(5分シリーズ+)

  

  河出書房新社 定価:1320円

 

読書感想部部長スガリさんと直山先生が、ぶっとんだ読書感想文をヒントに事件を解決する、大人気青春ミステリー第二弾!

 

2019.10.21 



時を壊した彼女 7月7日は7度ある

  

  講談社 定価:2860円

 

何度、何度、何度くり返しても
彼の死だけが変わらない

星夜の学校を襲った悲劇と、くり返す夏の日。
命がけの青春を、私達は生きている。
運命と戦う高校生達のタイムリープ×本格ミステリ

 

2019.10.21 



いもうと

  

  新潮社 定価:1650円

 

北尾実加、公私ともに超多忙! 名作『ふたり』の11年後を描く感動の続編。大好きだった姉・千津子に続いて母も亡くし、父は別の家庭を選んだ。それでも一人歩んできた実加はいま27歳。会社では大プロジェクトを無茶ぶりされ、危険な恋の誘惑に迷い、〈妹〉の突然の訪問に驚かされる。悩み多き実加に懐かしい声は何を語りかけてくれる? 累計160万部のベストセラーにして圧倒的代表作、30年目の続編。

 

2019.10.21 



マンガでわかる 未来の年表

  

  講談社 定価:1210円

 

少子高齢化社会、日本。10年後、20年後、あなたの身にどんな事態が迫るのか…? 各メディアで話題沸騰『未来の年表』(講談社現代新書)が漫画でわかりやすく読める。迫りくる脅威だけでなく「未来への処方箋」も提示

 

2019.10.21 



マンガでわかる 未来の年表

  

  講談社 定価:1210円

 

少子高齢化社会、日本。10年後、20年後、あなたの身にどんな事態が迫るのか…? 各メディアで話題沸騰『未来の年表』(講談社現代新書)が漫画でわかりやすく読める。迫りくる脅威だけでなく「未来への処方箋」も提示

 

2019.10.21 



ツナグ 想い人の心得

  

  新潮社 定価:1650円

 

もう一度だけ亡くなったあの人に会えるとしたら、あなたは何を伝えますか? 死者との再会を叶える使者「ツナグ」。長年務めを果たした最愛の祖母から歩美は使者としての役目を引き継いだ。7年経ち、社会人になった彼の元を訪れる依頼者たちは、誰にも言えぬ想いを胸に秘めていた――。後悔を抱えて生きる人々の心を繫ぐ、使者の物語。シリーズ累計100万部の大ベストセラー、9年ぶりの待望の続刊!

 

2019.10.18 



背中の蜘蛛

  

  双葉社 定価:1760円

 

 

ついに、ここまできた――。前人未到、孤高の警察小説が誕生した。
東京・池袋の路上で男の死体が発見された。目撃者もなく捜査は難航、しかし「あること」がきっかけになり捜査が急転。
それから約半年後。東京・新木場で爆殺事件が発生。こちらもな捜査はなかなか進展しなかったが、「あること」が転換点となり容疑者が浮かぶ……。
捜査に携わる管理官を中心に、新時代の警察捜査を濃密に描く。著者史上、もっとも尖った警察小説。

 

2019.10.18 



生命式 

  

  小学館 定価:1815円

 

 

 

死んだ人間を食べる新たな葬式を描く表題作のほか、著者自身がセレクトした脳そのものを揺さぶる12篇。文学史上、最も危険な短編集

「正常は発狂の一種」。何度でも口ずさみたくなる、美しい言葉。――岸本佐知子(翻訳家)

自分の体と心を完全に解体することは出来ないけれど、
この作品を読むことは、限りなくそれに近い行為だと思う。――西加奈子(作家)

常識の外に連れ出されて、本質を突きつけられました。最高です。──若林正恭(オードリー)



2019.10.18 



太陽はひとりぼっち

  

  小学館 定価:1430円

 

 

文学界注目の高校生作家、待望の新刊! 
デビュー作として異例の10万部を超える大ヒット『さよなら、田中さん』の田中母娘が帰ってきました。単なる「続編」とはせず、ひとつの新しい文芸作品として意欲的に取り組んだ一作。前作で強い印象を残した登場人物達がさらに謎とドラマ、嵐を呼ぶ!!
『太陽はひとりぼっち』花実は中学生となった。ある日、家の前に見知らぬビジネスマンがやって来る。彼は一体何者?さらに別の日にはやせた老婆が家の前に座り込んでいて……。次々登場する謎めいた人物が引き起こす大騒動。一つ一つの事件に込められた人々の思い、苦しみ、葛藤。生きることへの希望を説く「るりか節」が力強く心に響きます。


2019.10.18 



南河国物語 暴走少女、国をすくう?の巻

  

  静山社 定価:1320円

 

 

はるか昔、あらぬ疑いで囚われた不運な父娘がおりました。ところがこの娘がたいしたもので……。機知と度胸の痛快中華ファンタジー!
千載におよぶはるか昔のこと、黄砂舞う大陸のとある国に、天下に名を轟かせる名称軍に父親が似ていたばっかりに、あらぬ疑いで囚われの身となった、不運な父娘がおりました。ところがこの娘、たいした度胸の持ち主で――。『ことづて屋』『碧空の果てに』の作者による、意外!痛快!中華ファンタジー!

2019.10.18 



「日本国紀」の天皇論

  

  産業新聞出版 定価:968円

  

 

子どもたちは歴史教科書で「天皇」を学べない!!

65万部突破の通史「日本国紀」の著者と編集者が日本の歴史に浮かび上がる「天皇」について語り尽くす。

 

2019.10.15 



べらぼうくん

  

  文藝春秋 定価:1320円

  

 

「水たまりをのぞいたら、そこに映っていたのは青い空だった」

べらぼうとは漢字で「篦棒」と書く。
「あまりにひどい」「馬鹿げている」「筋が通らない」といった意味の他に、端的に「阿呆だ」という意味がこめられているところが気に入った。
どうにもうまくいかぬ男の、十歩進んで九歩下がる日々をまるっと包みこんでくれるようで、あの頃の蒼白い顔をした自分に「よう」と呼びかける気持ちで、『べらぼうくん』とタイトルを決めた。(あとがきより)

未来なんて誰にもわからないのだ。
川べりを俯き歩く万城目青年は、いかにして作家としての芽を育てたか。
万城目ワールドの誕生前夜を描く極上の青春記であり、静かに深く届けたい人生論ノート。

 

2019.10.11 



人間

  

  毎日新聞出版 定価:1540円

  

 

僕達は人間をやるのが下手だ。

38歳の誕生日に届いた、ある騒動の報せ。
何者かになろうとあがいた季節の果てで、かつての若者達を待ち受けていたものとは?
初の長編小説にして代表作、誕生!!

「変な話だが、自分が小説を書くことになるなんて想像もしていなかった子供の頃から、この物語の断片を無意識のうちに拾い集めていたような気がする」(又吉直樹)  

2019.10.10 



本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~ 短編集1

  

 TOブックス 定価:1320円

  

 

2019年10月2日(水)よりTVアニメ放送開始!
「このライトノベルがすごい! 2018&2019」2年連続1位!
シリーズ累計200万部突破! (電子書籍を含む)
ファン待望! WEB掲載、特典SSなど単行本に未収録の短編計21編が大集合!
各短編に香月美夜の解説入り!

2019.10.10 



ロス男

  

  講談社 定価:1595円

  

 

生まれたときからロス(損)している世代と言われているけれど、
そろそろ本当の自分の人生を起動したいーー。

40歳、フリーランスのライター、正規雇用経験なし、未婚。
たった一人の肉親である母を亡くしてから、漠然とした喪失感を抱えていた。
ある日、偶然再会した元同僚の「死ぬまでにやりたい10のこと」リストの作成を手伝ってから、
少しずつ世界が変わり始める。
--「ロスジェネ世代」と言われた自分たちは、いったい何を「ロス」してしまったのだろうか。

すべての人生を肯定する、注目若手作家の最新書き下ろし!

2019.10.10 



飛べないカラス

  

  講談社 定価:1650円

  

 

規格外の新主人公(ニューヒーロー)誕生!

すべてを失った男に舞い込んだシンプルな「超難問」
「娘が幸せかどうか確かめてきてほしい」
1億円の行方と、謎の女と、仕掛けられた過去。
冒険は、この依頼から始まった。

俺の幸運は、不幸の始まり……の、はずだった。
元売れない俳優で元起業経営者。元犯罪被害者で元受刑者。
納得しようのない罪での服役を終えた加納健太郎への奇妙な依頼は、彼を運命の女(ファム・ファタール)へと導いた。

笑い、驚き、涙する。すべてが詰まった究極のエンターテインメント!

2019.10.10 



50歳から元気になる生き方 70代の今がいちばん健康な科学者が実践!

  

  マガジンハウス 定価:990円

  

 

人間は何歳からでも「健康寿命」を延ばせる!
年を重ねるごとに上部になった、理系・工学博士が説く
“免疫力”を高めるヒント

本書のテーマは、「健康のウソを見抜いて、健康長寿になる」。
「人生百年時代」という人類が今まで経験したことのない新時代を迎えた今、「健康で幸せな生活を手にするためにはどうしたらいいのか」を工学博士が科学的に考察。
巷にあふれる「健康法」「幸福論」は果たして役に立つのか……?
「老化」や「病気」、「いつまで働けるのか」という不安を抱えるすべての人におくる一冊です!

2019.10.10 



猫ピッチャー外伝-勇者ミー太郎の大冒険II

  

  中央公論新社 定価:880円

  

 

読売中高生新聞で連載中の大人気コミック「猫ピッチャー」の公式スピンオフ作品。ミー太郎がロールプレイングゲームの勇者となって、白球を手に伝説の野球戦士を探す旅に出る! あらたな敵、反則大王ズルッコの仕掛ける数々のズルに、ミー太郎はどう立ち向かう! ? マイペースな仲間たちも、いつもの調子で大活躍!

2019.10.9 



マンガでよくわかる ねこねこ日本史 ジュニア版5

  

  実業之日本社 定価:968円

  

 

NHK・Eテレでテレビアニメ好評放送中(2019年10月現在)
全部ふりがなつき、わかりやすい解説つき!
もしも、あの偉人が猫だったら…?
安倍晴明が、日野富子が、前田利家が猫に!
人気アニメの原作コミック、児童書版の第5巻が登場。
知的好奇心を刺激する、日本一かわいい歴史コミック!
読みやすい4コママンガなので、マンガを読み慣れていないお子様にもオススメです。

2019.10.8 



私の家

  

  集英社 定価:1925円

  

 

いつか見つかるだろうか、私の、私だけの。

祖母の法要の日、一堂に会した親戚たち。
同棲していた恋人から家を追い出され、突然実家に帰ってきた娘、梓。
元体育教師、「実行」を何よりも尊びながら、不遇な子供時代にこだわる母、祥子。
孤独を愛するが、3人の崇拝者に生活を乱される大叔母、道世。
死ぬまで自分が損しているという気持ちを抑えられなかった祖母、照。
そして、何年も音信不通の伯父、博和。
今は赤の他人のように分かり合えなくても、同じ家に暮らした記憶と共有する秘密がある。
3世代にわたる一族を描き出す、連作短編集。

2019.10.8 



怪盗探偵山猫 深紅の虎

  

  KADOKAWA 定価:1430円

  

 神出鬼没の怪盗・山猫、再び! 大人気シリーズ完結編


希代の窃盗犯山猫と雑誌記者の勝村はシステム会社ビルドに侵入した。だが、現場に残したはずの犯行声明が消え、勝村も拉致される。深紅の虎と名乗る男が山猫を付け狙い――? 絶体絶命の危機を迎えるシリーズ最終

 

2019.10.2 



記憶の盆をどり

  

  講談社 定価:1870円

  

 

Machida Kou Variety Show!!!
著者8年ぶりの短篇作品集。

犯人当てミステリー
背筋も凍るホラーサスペンス
異世界ファンタジー
お伽話の現代語訳
果ては美少年BLまで――

名手が演じる小説一人九役!



2019.10.2 



明日の僕に風が吹く

  

  KADOKAWA 定価:1760円

  

 

熱い涙なしでは読めない、北海道の離島を舞台に心の再生を描く青春成長小説

たったひとつの失敗で夢と居場所を失くし、ずっとうちひしがれていた。
強い風に海鳥舞う北海道の離島との出会いが、少年を救い新たな試練を与える。

中学二年生の頃、医師を目指していた川嶋有人は、重度のアレルギー発作を起こした転校生を助けようとするが失敗し、軽度の障がいを負わせてしまう。それ以来、夢も未来も失ったと引きこもっていた有人だったが、憧れの叔父・雅彦の勧めにより、彼が医師として勤める北海道の離島・照羽尻島の高校に入学することに。「海鳥の楽園」と呼ばれるその島の高校の全校生徒は、有人を含めてたったの5人。待っていたのは島男子の誠、可愛くて優しい涼先輩、ある事情により札幌を離れた桃花、鳥類学者を目指すハル先輩など個性ある級友たちだった。東京とは何もかもが違う離島での生活に戸惑いながらも、有人は少しずつ自信を取り戻し始める。しかし、突然の別れと残酷な真実が有人に降りかかり……。

熱い涙なしでは読めない、明日へ踏み出す勇気をくれる感動の物語!

2019.10.1