最近コレが気になっています


ママ

  

  

講談社 定価:1650円

 

ぜんぶ、ぜーんぶ「ママ」のせい。

「わたし」は、42歳のシングルマザー。事故で彼を失った直後に妊娠していたことを知り、女手一つで娘のひかりを育ててきた。娘を保育園に預け、スーパーで総菜作りを続ける日々。身寄りも、貯金もない。生活はちっとも楽にはならない。けれど、わたしは幸せだった。ひかりの成長、ひかりの笑顔、ひかりの温もり。わたしたちは、たった二人で精いっぱい生きていた。
あの忌まわしき瞬間までは。
突如壊される平穏。謎めいた男による拉致、監禁。
恐怖と苦痛の果てに告げられる、信じがたい絶望――。

出版界を戦慄させたデビュー作『スイート・マイホーム』から一年。
世にもおぞましいミステリー、「オゾミス」最新作!

 

2019.12.26



奈落

  

  

新潮社 定価:1540円

 

歌姫は、17年間たったひとり――。
人気絶頂の瞬間、ステージから転落してはじまった悲劇。
孤独な歌姫と、最も醜い家族の物語。


17年前の夏、人気絶頂の歌手・香織はステージから落ち、すべてを失った。
残ったのはどこも動かない身体と鮮明な意識、そして大嫌いな家族だけ−−。
彼女を生かすのは、やり場のない怒りか、光のような記憶か、生まれ出る音楽か。
孤独の底から見上げる景色を描き切った飛翔作。


これ以上怖ろしいことが、この世にあるだろうか。

 

2019.12.26



Mr.都市伝説・関暁夫の都市伝説7 ゾルタクスゼイアンの卵たちへ

  

  

竹書房 定価:1760円

 

ベストセラーシリーズ「関暁夫の都市伝説」第7弾。
テレビでは絶対に言えない話が満載。

 

2019.12.26



友達ゼロで不登校だった僕が 世界一ハッピーな高校生になれたわけ

  

  

KADOKAWA 定価:1430円

 

自分は間違いだと思わないで。 絶対超なんとかなる!

台湾人の父と日本人の母のもとに台北で生まれ、小学1年の時に日本へと帰国したが、サッカーよりままごとが好きだったことなどがからかいの対象となり、小学3年の後半頃から徐々にいじめへとエスカレート。

小学4年からは不登校となり、中学2年まで続く長期間のひきこもりとなる。学校に通っていない自分は「二度と普通になれない」と感じ、焦りといらだちをどうすることもできず、家庭内暴力を振るうようになる。

その後、父の暮らす台北で過ごしたが、14歳の時に帰国し、フリースクールに通ったことが転機となる。自由な雰囲気の学校で、自由な発想を持つ恩師に出会い、学校に通う楽しさを感じたり、人と過ごす自信を取り戻すようになる。同時に、ファッションという夢中になれるものや、原宿という「学校とは異なる居場所」をみつけられたことも、自信を取り戻すきっかけとなっていく。

そして、遂に高校受験に成功。高校では友だちもでき、モデルという自分の好きな仕事もできるようになった。今では「世界一ハッピーな高校生」だと思えるように。

「不登校になったとき、自分はもう絶対に普通の生活に戻れないと思ってたんです。でも普通に戻ることができた。だからいえるのは、人生絶対なんとかなる! 焦らず、小さなことから少しずつ積み重ねていったら、いつかきっと変えられるんです」。そう語る著者の「自分らしく生きる」ヒントが満載のエッセイ。

 

 

 

2019.12.25



5分間リアル脱出ゲーム人生

  

  

SCRAP出版 定価:1760円

 

 

大ヒット書籍第3弾は、人生がテーマの短編謎解きゲーム集! いつでもどこでも手軽にリアル脱出ゲームの興奮が味わえる「5分間リアル脱出ゲーム」第3弾! 今回は、いつかどこかで起こった人生における物語を、謎やパズルを通して体験できる短いゲームを10本収録。幼少時代、学生時代、社会人生活など、シチューションごとにさまざまな趣向を凝らしたコンテンツをご用意しています。すべて解き明かしたときには、これまで通り大きな謎も待っています。少しずつ、じっくり進めて、リアル脱出ゲームの興奮を日常でも体感してください!

2019.12.25



超短編小説で読む いきもの図鑑54字の物語 ZOO

  

  

PHP研究所 定価:1100円

 

 

「ざんねんないきもの事典」(高橋書店)の今泉忠明先生、絶賛!

シリーズ累計25万部突破!
イヌ、ネコ、パンダから、恐竜、ツチノコまで! !
動物の豆知識も収録! !
ズ―――っと楽しめる90話!

 

2019.12.20



ズバぬけた思考回路に覚醒する 京大・東田式 天才パズル

  

  

青春出版社 定価:1320円

 

 

本書は、「おもしろくて、かつ、頭がよくなるパズル」です。
令和時代で活躍する6つの能力を元にしたパズルで、パズル初心者からやりたくなる内容になっています。
はじめに例題に取り組み、そこで自分の能力がわかる「能力診断」を行ってから、自分の強み、弱点を知って、身につけたい能力の章から解き進めることができます。
日本一のパズル博士、東田大志先生によるコラム付きで、パズルの奥深さ、面白さがよりわかる一冊です。

 

2019.12.20



5分後に意外な結末ex 白銀の世界に消えゆく記憶

  

  学研プラス 定価:1100円

 

 

累計230万部突破の超ベストセラーシリーズ。感動、恐怖、笑い、涙、奇妙な味……さまざまなテイストの超短編を30編以上収録。どこからでも&超短時間で読めて、驚きの結末。小中学生の朝読や、一般読者の短時間読書にも最適。

 

2019.12.19



5分で読む! 名作&文豪ビジュアル大事典

  

  学研プラス 定価:1980円

 

 

ビジュアル的なイラスト図解で、1話(1人)5分程度で読めるから、名作へのとっかかりに最適。源氏物語、坊っちゃん、三国志、赤毛のアンなど古今東西の名作小説、そして文豪の人生をイラスト図解で解説したビジュアル事典。ページを眺めるだけで楽しめる。

 

2019.12.19



島を救ったキッチン シェフの災害支援日記inハリケーン被災地・プエルトリコ

  

  双葉社 定価:2090円

 

 

「人災の島」に、温かいスープを。

2017年9月に史上最大級のハリケーン「マリア」で壊滅的な被害を受けたカリブ海の島・米国領プエルトリコ。
その惨状に心を痛め食料支援に向かった人気シェフ・ホセが見たのは、復旧や支援物資の配給が遅々として進まず、
電気も水も、そして食料も断たれて困り果てる熱帯の島の人々の姿だった。
コネと前例でガチガチになり非効率な支援を続ける政府機関、「やってますアピール」に必死な首長、そして自分のこと以外に無関心な大統領――
「人災」の拡大する島で、レストラン経営で培った段取りや調達のノウハウを生かして一人でも多くの人に冷たい非常食ではなく「温かい、人の作った食事」をふるまおうと奮闘し、最終的には約300万食を支援したホセ。
本書はその、ダイハードかつパワフルな奮闘記である。

 

2019.12.19



風に乗って、跳べ 太陽ときみの声

  

  朝日学生新聞社 定価:1320円

 

 

『太陽ときみの声』シリーズ3部作の最終作です。『太陽ときみの声』、『太陽ときみの声 明日の、もっと未来(さき)へ』の続編でありながら、前2作とは主人公が異なる1巻完結編です。
【あらすじ】
生徒会を辞めてぽっかりと時間ができてしまった高2の女子高校生の華。目標を見失っていた時に、幼なじみの六花(りっか)と偶然再会し、六花が打ち込む「ブラインドサッカー」に出会う。まるで目隠しなどしていないかのような六花の華麗なドリブルや、競技の迫力にすっかり魅せられた華は、気づけば声で選手をサポートする「ガイド」を引き受けていた――。六花と再会したことで新たに動き出す華の日々や、ブラインドサッカーで世界を目指す挑戦をさわやかに描きます。

 

2019.12.18



清く貧しく美しく

  

  新潮社 定価:1760円

 

 

この冷たい世界に怯みそうになっても、二人でいれば大丈夫。だけど、荒れ狂う嵐の夜は、ある日突然にやってくる。30歳・ネット通販大手の倉庫で働く非正規のぼくと、スーパーでパートをする28歳の彼女。自分がいかにダメな人間か、いつも思い知らされている。それでもぼくたち二人は、お互いをちゃんとほめあい、守り合って生きていこうと決めた。そんな日々がずっと続くと信じていた――。恋愛小説の名手が描く、現代の切実な恋の行方。

 

2019.12.18



子どもが伸びる運命のスポーツとの出会い方

  

  エイ出版社 定価:1430円

 

 

子どもの運動能力の大半が決まるのは、ゴールデンエイジと呼ばれる6歳~12歳までの間と言われています。
子どもは、その間に経験した運動や動作をもとに様々なスポーツを行うため、
この期間に親が経験させることが子どもの運動能力にとって非常に重要なものとなるのです。
本書では、3万5千人以上の子どもたちの運動能力を測定してきた「スポーツ能力発見協会」理事長の大島伸矢が、
本当に「好きで得意な」スポーツに出会うために行うべきノウハウを紹介。
自宅で簡単に測れる「運動能力簡易チェック」や「運動能力を上げる魔法のメソッド」、
「運動能力を上げる遊び60」、「書き込み式練習ノート」など、親子で取り組んでほしい内容が
たっぷり掲載されています。子どもがスポーツによって幸せになるのを願う親御さん必携の一冊です。

2019.12.18



暗号クラブ 16 マットからのSOS

  

  KADOKAWA 定価:968円

 

 

5人といっしょに、暗号を解いて謎を解決しよう! 大ヒット60万部突破

おジャマじゃマットが学校のマスコットを盗んだ容疑者に!? 真犯人をつきとめろ!

 

2019.12.13



できない相談

  

  KADOKAWA 定価:1760円

 

 

森絵都がおくる大人のための極上小説集

なんでそんなことにこだわるの?と言われても、
人にはさまざま、どうしても譲れないことがある。
夫の部屋には絶対に掃除機をかけない女性、
エスカレーターを使わないと決めて60年の男性……。
誰もがひとつは持っている、そんな日常の小さなこだわり・抵抗を描いた38の短篇。
スカッと爽快になったり、クスッと笑えたり、しみじみ共感したりする38のresistance。
人生って、こんなものから成り立っている。
そんな気分になる極上の小説集。

 

2019.12.13



かいけつゾロリ スターたんじょう: かいけつゾロリシリーズ66

  

  ポプラ社 定価:1100円

 

ゾロリは、イシシとノシシにかわいい女の子をくわえ、アイドルグループをつくって大もうけをたくらむ。はたして、そのアイドルをブレイクさせて、ゾロリは世界的音楽プロデューサーになれるのか……!?

 

2019.12.12



家族パズル

  

  講談社 定価:1980円

 

伏線が美しく、泣ける。
これぞ「余韻まで美味しい」小説です。
――森沢明夫

優しく、静かで、トリッキー。
そして最後は、涙がほろり。
『青鬼』ノベライズの著者が紡ぐ家族ミステリー!

悲しみの裏側にそっと隠された深い「家族愛」5つの物語。
「はだしの親父」父は亡くなる直前、雨降る病院の庭をなぜ靴を脱ぎ歩いたのか?
「神様の思惑」 自殺志願の少年の命を救った優しいホームレスは殺人者だった!?
「タトウの伝言」借金を背負った青年は母を騙して、父の形見である絵画を狙うが。
「我が家の序列」リストラ中年と迷い犬の新生活は、奇妙な出来事ばかりの日々で。
「言霊の亡霊」 25年も男を苦しめた母の一言。しかし記憶を辿るとある違和感が。

家族同士だって、分からないことはたくさんある。ぶつかり合いだってある。
それでもいろんな出来事をパズルのようにうめていくと、家族の本当の姿が見えてくる。
この謎解き、この感動……きっとあなたは家族に会いたくなる。

 

2019.12.12



ものは言いよう

  

  白泉社 定価:1320円

 


「ヨシタケシンスケのしくみ」「ヨシタケシンスケができるまで」「ヨシタケシンスケの1日」などのユニークなイラスト解説や、絵本のネタ帳、アトリエ、本棚、お気に入りの本などの写真も満載。月刊MOEの特集記事に大幅加筆修正をして単行本化。初めての“絵本作家ヨシタケシンスケ完全読本"です。

 

2019.12.12



科学探偵 vs. 超能力少年

(科学探偵 謎野真実シリーズ7)

  

  朝日新聞出版 定価:979円

 

名探偵謎野真実に最強のライバルが現れる! 
超能力少年チカラを名乗る少年の超能力を解き明かすことができず敗北してしまう真実。
一方、真実に勝ったチカラの評判はどんどん広まり、ネットやテレビで大人気者になる。
念力、千里眼、壁抜け、透視、念写、空中浮遊……チカラが見せる超能力の数々。
本当に科学で解き明かせない謎がこの世に存在するのか? 科学の知識も身に付く大人気科学推理小説の最新刊!

 

2019.12.6



しくじり日本史 ざんねんな偉人100

  

  宝島社 定価:1320円

 

どんな偉大な人物でも、必ず「しくじり」をしています。

負けに負けて兄も失った神武天皇
妻に政権を乗っ取られた源頼朝
魔法にハマった細川政元
まじめすぎて認める必要のない罪を認めて刑死した吉田松陰

等々、多くの偉人が、あまり知られていない、
とんでもなく恥ずかしい「しくじり」をいっぱいしています。
それこそ“ざんねんな"偉人といわれても仕方ありません。
本書では100人の偉人の本当の姿を
「しくじり」とシニカルなイラストでたっぷり見せます

 

2019.12.6



かみさまは中学1年生

  

  宝島社 定価:1320円

 

シリーズ累計45万部突破!
涙がこぼれる不思議な実話シリーズ最新刊!

「生まれる前の記憶が残ったまま育った少女」として、
初の著書『かみさまは小学5年生』を出版してから早2年。

12歳になった彼女が語る、
あの頃では伝えきれなかった「幸せの正体」について――。

 

2019.12.6



黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続

  

  毎日新聞出版 定価:1980円

 

宮部みゆきのライフワーク
<三島屋変調百物語>シリーズ第6弾

江戸は神田三崎町にある袋物屋の三島屋で続く、一風変わった百物語。
これまで聞き手を務めてきた三島屋主人・伊兵衛の姪のおちかが、めでたく嫁にいったので、次なる聞き手は伊兵衛の次男・富次郎に。
気さくで気がよく旨いもの好き、跡取りではないから「小旦那」と自称する富次郎。
おちかが聞き手だったころ、ふとした縁の導きがあって三島屋に入り、百物語の守り役となったお勝。
富次郎が幼いころから三島屋に奉公してきた古参の女中、おしま。
この三人で語り手を迎え、新たな百物語の幕が開く。 

2019.12.6



犬闘士 イヌタウロス

  

  ロクリン社 定価:1980円

 

「こびとづかん」シリーズ作者・なばたとしたかが贈る大河物語!
新次元の漫画絵本!


シッポは巻いてても、僕は逃げない!

両親との再会を夢見て"犬闘士"を目指す、天涯孤独の少年パグオス。
犬闘士大会に出場するため、過酷な修行をはじめることとなる。
憧れの王者バレトリー、格闘の師ザシュナウ、おてんば少女オカメディーテ……。
さまざまな出会いと葛藤を経て、パグオスは強くなっていく─。

 

2019.12.4



なんだろうなんだろう

  

  光村図書出版 定価:1650円

 

「いってきまーす」いつものように学校に向かうぼく。
途中で会った友だちのお母さんから「学校どう?たのしい」?って聞かれた。
「そう言われてみると、学校ってなんだろうね。あれ、たのしいってどんな気もちなんだろう…」
友だちって?しあわせって?立場って? ふとした瞬間にうかぶ、12の「なんだろう」を徹底追究。
抽象的で漠然としたテーマを、しなやかに、具体的に、ユーモアたっぷりに描きます。
○「なんだろう」を徹底追究! 12のテーマ
がっこう/ たのしい/ うそ/ 友だち/ しあわせ/ 自分
正義/ ゆるす/ 自立/ 立場/ ふつう/ 夢
○ 道徳教科書(小1~中3/光村図書)のコラムが、かき下ろしを加えて一冊に!
○ ヨシタケシンスケの発想と言葉が光る!

 

2019.12.2



しょうがくせいのおばけずかん かくれんぼう

  

  講談社 定価:1210円

 

累計55万部の大人気シリーズ「おばけずかん」の最新刊です。それぞれのおばけが、どんなふうに怖いのか。そうならないためには、どうすればだいじょうぶなのかを、ユーモラスな短いお話で紹介する、図鑑という名の童話です。今回は2019年春に開催した「ベネッセおばけずかんコンテスト」で入賞したオリジナルおばけを本に登場させた、しょうがくせい読者参加型企画です。
こわいけど、おもしろい!

 

2019.12.2