最近コレが気になっています


えんそくのおばけずかん おいてけバスカイド (どうわがいっぱい)

    

 講談社 定価:1210円

 

 

累計70万部の大人気シリーズ「おばけずかん」の最新刊です。それぞれのおばけが、どんなふうに怖いのか。そうならないためには、どうすればだいじょうぶなのかを、ユーモラスな短いお話で紹介する、図鑑という名の童話です。今回はたのしいえんそくの日にでてくるおばけのおはなしです。こわいけど、おもしろい!

 

2020.4.10



言葉屋8 だんだん階段でまちあわせ

    

 朝日学生新聞社 定価:1320円

 

 

危機を救うのは言葉かもしれない
中学3年生、最終学年の重圧や環境の変化にとまどう詠子。
大切な人と仲たがいをしてしまいます。そんな中、さまざまな「差」が生む問題に出会い、
未来を照らしてくれるものが、いつも「言葉」であることに気がつきます。
朝日小学生新聞から生まれた人気小説シリーズ第8弾。

 

2020.3.30



大聖寺藩 (シリーズ藩物語)

    

 現代書館 定価:1760円

 

 

加賀藩三代藩主・前田利常の三男・前田利治が寛永16年(1639)に立藩。藩祖・利治の生母が徳川2代将軍・秀忠の娘珠姫であったため、支藩でありながら、特別に「松平」を名乗ることを許されていた。だが、大聖寺藩では、本藩・加賀藩の家臣の子孫たちが藩政を握っていたため、お家騒動に発展した。また、大聖寺新田藩という支藩を作ったことによって藩内が混乱した。その一方、石川県を代表する工芸品九谷焼は、藩祖の前田利治が始めさせたといわれ、山中塗も大聖寺藩を代表する産業であった。また、藩主のなかには能楽や茶道に通じた者もいた。魅力あふれる藩の物語!

 

2020.3.30



あたらしい高校生 海外のトップ大学に合格した、日本の普通の女子高生の話

    

 IBCパブリッシング 定価:1650円

 

 

「地方の公立高校」「留学経験ゼロ」「苦手科目は英語」から始まった海外へのトップ大学合格への軌跡

著者の山本つぼみさんは、英語がまったく話せない普通の高校生でした。
そんな彼女が地方の公立高校に通いながら、米国最難関大学と呼ばれるミネルバ大学を含めた日米豪のトップ大学の合格を勝ち取りました。
本書は、日本人が海外名門校を受験する苦労や、入学してからの体験談も豊富に紹介され、海外留学を目指す高校生にとって【必要な心構え】や【やるべき準備】を知ることができる、貴重な情報が満載です。
帰国子女でも有名進学校の生徒でもない彼女の挫折と成功体験の記録が、これからの時代に生きる高校生に、あたらしい選択肢を示す一冊です。

 

2020.3.27



 都会のトム&ソーヤ 外伝 16.5 魔女が微笑む夜 (YA! ENTERTAINMENT)

    

 講談社 定価:1320円

累計180万部突破、2020年映像化が発表された「都会のトム&ソーヤ」シリーズ、最新刊!
平凡だがサバイバル能力に長けた内人と頭脳明晰な創也がタッグを組み、究極のゲームを作っていく物語。

地下にねむる巨大複合商業施設を舞台にくりひろげられる、「魔女のゲーム」。優勝したらもらえるのは……命!? 禁断の脱出ゲームに、創也と内人、栗井栄太らが挑戦します。ノンストップのサバイバルをややこしくする人物が登場して、一瞬先は真っ暗闇に! この巻からでも、もちろん楽しめます! 

 

2020.3.25



 誘拐屋のエチケット

    

 講談社 定価:1650円

 

「ルパンの娘」シリーズが大ヒット!
2020年大ブレイク必至、横関大!
大注目の最新刊!

SNS炎上、不倫スキャンダル、借金まみれ。
人生崖っぷちの人々を攫って匿って問題解決!それが、誘拐屋。
「誘拐されて、人生一発逆転しませんか?」

2020.3.25



 ダーク・ブルー

    

 講談社 定価:1650円

 

海の底で、シージャック犯とたった二人きり。
女性潜航士に課せられた、絶体絶命、超高難度ミッション!
2020年、震撼の大本命エンタテインメント!

海洋調査を専門とする日本海洋科学機関――通称JAOTEC(ジャオテック)のパイロット・夏海ら潜航チームは、天才科学者・奈良橋教授の開発チームとともに、潜水調査船「りゅうじん6500」に搭載された新型マニピュレーターの検証実験のため、フィリピン沖に向かう。だが、突如武装集団の襲撃に遭い、母船が占拠、船員を人質にとられてしまう! 彼らの目的は、深海の沈没船に隠された、世界を変えうる力を持つ「宝」のサルベージだった。仲間の命を救うため、夏海は調査船に乗り込み、銃を突きつけるシージャック犯とともに、暗く蒼い海の底へと生死をかけたダイブに臨む――。

緻密な取材に基づくリアリティの極致と圧倒的スケールで迫る、深海エンタメ超大作!

2020.3.25



 

なぜ僕らは働くのか-君が幸せになるために考えてほしい大切なこと

    

 学研プラス 定価:1650円

 

【読者満足度、驚異の97.5% いま絶対に読むべき本】

子どもたちの見える世界が広がり、
自分の持つ大きな可能性に気づくことができる本。
(「朝日小学生新聞」編集部)

就職したら終わり、じゃない。
どんなビジネス書より先に読んでほしい
「仕事」の道しるべになる一冊

2020.3.20



 掟上今日子の設計図

    

 講談社 定価:1430円

 

 

『學藝員9010』と称する人物が、ウェブ上に爆破予告を投稿した。猶予は9時間。火薬探知犬と盲導犬を左右に司る爆弾処理班のエース『両犬あざな』こと扉井あざなが捜査を進める中、容疑者となった隠館厄介の依頼により、忘却探偵・掟上今日子も参戦するが―ー。

忘却探偵の最速の推理をもってしても、このタイムリミットには間に合わない!?



2020.3.20



 クスノキの番人

    

 実業之日本社 定価:1980円

 

その木に祈れば、願いが叶うと言われているクスノキ。

その番人を任された青年と、クスノキのもとへ祈念に訪れる人々の織りなす物語。
不当な理由で職場を解雇され、その腹いせに罪を犯し逮捕されてしまった玲斗。

同情を買おうと取調官に訴えるが、その甲斐もなく送検、起訴を待つ身となってしまった。そこへ突然弁護士が現れる。依頼人の命令を聞くなら釈放してくれるというのだ。
依頼人に心当たりはないが、このままでは間違いなく刑務所だ。そこで賭けに出た玲斗は従うことに。

依頼人の待つ場所へ向かうと、年配の女性が待っていた。千舟と名乗るその女性は驚くことに伯母でもあるというのだ。あまり褒められた生き方をせず、将来の展望もないと言う玲斗に彼女が命令をする。「あなたにしてもらいたいこと||それはクスノキの番人です」と『秘密』『時生』『ナミヤ雑貨店の奇蹟』に続く新たなエンターテインメント作品。長編書き下ろし。 


2020.3.20



十字架のカルテ

    

 小学館 定価:1540円

 

最注目ミステリー作家が挑む、究極の頭脳戦

正確な鑑定のためにはあらゆる手を尽くす――日本有数の精神鑑定医・影山司の助手に志願した新人医師・弓削凛は、犯罪者の心の闇に対峙していく。究極の頭脳戦の果てに、影山が見据える未来とは。そして凛が精神鑑定を学ばねばならない理由とは……。

2020.3.13



夜がどれほど暗くても

    

  角川春樹事務所 定価:1740円

 

志賀倫成(しがみちなり)は、大手出版社の雑誌『週刊春潮』の副編集長で、その売上は会社の大黒柱だった。
志賀は、スキャンダル記事こそが他の部門も支えているという自負を持ち、充実した編集者生活を送っていた。
だが大学生の息子・健輔(けんすけ)が、ストーカー殺人を犯した上で自殺したという疑いがかかったことで、
幸福だった生活は崩れ去る。スキャンダルを追う立場から追われる立場に転落、社の問題雑誌である『春潮48』へと左遷。
取材対象のみならず同僚からも罵倒される日々に精神をすりつぶしていく。
一人生き残った被害者の娘・奈々美から襲われ、妻も家出してしまった。
奈々美と触れ合ううちに、新たな光が見え始めるのだが……。 

 

2020.3.13



発注いただきました!

    

 集英社 定価:1760円

 

『桐島、部活やめるってよ』でのデビューから十年。森永製菓、ディオール、JT、JRA、アサヒビール、サッポロビール、資生堂、JA共済など、様々な企業からの原稿依頼があった。原稿枚数や登場人物、物語のシチュエーションなど、小説誌ではあまり例を見ないような制約、お題が与えられるなか、著者はどのように応えてきたのか!?
「キャラメルが登場する小説」「人生の相棒をテーマにする短編」「ウイスキーにまつわる小説」「20を題材にした小説」など、短編小説十四本、エッセイ六本。
普段は明かされることのない原稿依頼内容と、書き終えての自作解説も収録された一冊。十周年に合わせて依頼された新作小説も収録。

 

2020.3.5



ひこばえ (上)

    

 朝日新聞出版 定価:1760円

 

世間が万博に沸き返る1970年、洋一郎の父は母と離婚後音信不通に。
48年ぶりに再会した父は、既に骨壺に入っていた。
遺された父の生の断片とともに、洋一郎は初めて自分と父親との関係に向き合おうとする。
朝日新聞好評連載、待望の刊行!

2020.3.5



さよならが言えるその日まで

    

 講談社 定価:1705円

ねぇ、嘘だって言ってよ、お父さん――。

その日、ありふれた日常がひっくり返った。
教え子を誘拐したまま、事故死した父。
親族、警察、マスコミーー誰も何もわかってない!
遺された娘は、父の名誉にかけて、真相を追う。

このほろ苦さ、感涙必至! 「家族のカタチ」を問う傑作ミステリー!

 

2020.3.2



晴れの日散歩

    

 オレンジページ 定価:1430円


日々の記憶のかけらをすくいあげた人気エッセイ
人気作家・角田光代さんが雑誌オレンジページにて14年に渡り連載を続けているエッセイ「散歩」シリーズ第4弾。多忙ななか、京都出張の折りに震えるほどおいしい卵サンドに出会ったり、魚卵好きで朝から明太子のために行列に並んだり。迷路のような渋谷で途方にくれたり、まったく進まない本棚整理を楽しんでいたり。
あっという間に過ぎてしまう日々のできごとを鮮やかに描いた1冊。
 

 

2020.3.1