コレ読みたい!!


その扉をたたく音   

              集英社 定価:1540円

 

 

 本屋大賞受賞『そして、バトンは渡された』著者の新たな代表作!

音楽と人が生み出す、たしかな希望の物語。

29歳、無職。
ミュージシャンへの夢を捨てきれないまま、怠惰な日々を送っていた宮路は、ある日、利用者向けの余興に訪れた老人ホームで、神がかったサックスの演奏を耳にする。
音色の主は、ホームの介護士・渡部だった。「神様」に出会った興奮に突き動かされた宮路はホームに通い始め、やがて入居者とも親しくなっていく――。

人生の行き止まりで立ちすくんでいる青年と、人生の最終コーナーに差し掛かった大人たちが奏でる感動長編。

 

 

 

2021.2.26



ヴィクトリアン・ホテル   

              実業之日本社 定価:1760円

 

 

 事件、誘惑、秘密の関係……すべてを見ているのは、このホテルだけ。

張り巡らされた伏線、交錯する善意と悪意に一気読み&二度読み必至!

伝統ある超高級ホテル「ヴィクトリアン・ホテル」は明日、その歴史にいったん幕を下ろす。ホテルを訪れた宿泊客それぞれの運命の行方は――?

『闇に香る嘘』『黙過』『同姓同名』など、話題作を次々発表する社会派ミステリの旗手がエンターテインメントを極めた、感動の長編ホテルミステリー! !

 

 

 

2021.2.26



強制終了、いつか再起動   

              講談社 定価:1540円

 

 

 「薬物なんてさ、一生自分とは関係ないって思ってたし。前の学校で、そういう授業受けたとき、こんなのやるわけねー、って思ったし。でも、ふわっと目の前に薬物が現れると、思いがけなさすぎて現実味失う。仲いい人がやってて、その人が異常者でもなく、ごくフツーに見えるとさ」(本書より)

 

「チーム」シリーズなど児童向けエンタメをヒットさせる一方、犯罪加害者の家族に光を当てた硬派な物語も手がけてきた吉野万理子氏。彼女が今回テーマに選んだのは、児童書の世界で取り上げられてこなかった「中学生の薬物依存」です。薬物依存者の回復サポートにあたる団体「日本ダルク」で、薬物にどっぷりと依存した経験のある人たちへの聞き取りを行うなど、さまざまな取材によって裏付けられた社会派のヤングアダルト小説です。

 

 

 

2021.2.26



麦本三歩の好きなもの 第二集   

              幻冬舎 定価:1650円

 

 

 後輩、お隣さん、合コン相手ーー

三歩に訪れる色んな出会い
図書館勤務の20代女子・麦本三歩の
あいかわらずだけどちょっと新しい日々

住野よるが贈る、心温まる日常小説シリーズ
待望の最新刊!

 

 

 

2021.2.25



にげてさがして   

              赤ちゃんとママ社 定価:990円

 

 

 私たちが生きる世界にはいろいろな人がいて、それぞれが違う感情や言葉をもっています。それらは自分だけのものなのに、大きな流れや「みんな」に飲み込まれて、自分を大切にできなくなってしまう。

「逃げちゃダメ」と言われることが多い世の中ですが、どうするかは自分で決めていいし、自分で決めること。

「逃げずに戦うことの大事さを説くお話」がある一方で、「逃げることで新しい可能性に出会うお話」があってもよいのではないか。著者のそんな思いが込められた絵本です。

にげて さがして、うごいて うごいて――
ラストは、あなただけの物語に続きます。

 

 

2021.2.25



代理母、はじめました  

              中央公論新社 定価:1760円

 

 

 

底辺女子が人生逆転!? 不遇な家庭に育った17才のユキが、子供を持ちたい人々と貧困女性を救う〝代理母ビジネス〟の賭けに出る。

義父の策略で、違法な代理母出産をさせられた17才のユキ。命がけで出産したにもかかわらず、報酬はすべて義父の手に。再び代理母をさせ稼ごうとする義父の手から逃げだし、ユキは自らの経験を逆手に取り、自分のような貧しい女性を救う大胆な〈代理母ビジネス〉を思いつく。ユキを支えるのは医師の静子&芽衣子のタッグと、ゲイのミチオ&一路。さまざまな事情を抱えた「子どもを持ちたい」人々が、最後の砦としてユキたちを頼ってやってくるが……日本の生殖医療の闇、貧困層の増大、妊娠・出産をめぐる負担など、現代日本が放置した社会問題を明るみにしながら、「代理母」ビジネスのタブーに切り込んだ問題作。 

2021.2.23



保健室から見える親が知らない子どもたち  

              青春出版社 定価:1540円

 

 

 

 

保健室。そこは、子どもたちの体とこころの駆け込み寺。子どもたちが訴える体の苦痛、何気なくつぶやく言葉の裏にある本当の気持ち。保健室から見た、現代っ子たちのこころを実践的な事例と共にお伝えします。

2021.2.23



5分でわかる友だち術 (小学生実用BOOKS)  

              青春出版社 定価:990円

 

 

 

ワクワク」「笑顔(ニコニコ)」をキーワードに、「自分の心を裏切らないこと」と「多様性を認めること」の大切さを繰り返し伝えます。

[はじめに]
[本書の登場人物「にゃんころ」の解説]
[ジョーとトール参上! ]
[いきなり要点「笑顔の法則」]
[キャラクター紹介]
[1章 こんな時はどうしたらいいの? ]
・らんぼうな友だちがいます
・グループ以外の子と話しちゃダメ?
・みんなに誤解されちゃった!
・ぼくをいじってくる友だちがいます

・ジコチューな友だちがいます 

 

2021.2.23



灰の劇場  

              河出書房新社 定価:1870円

 

 

「私は確かにその二人を知っていた。もっとも、私はその二人の顔も名前も知らない。」恩田陸の新境地となる、“事実に基づく物語"。


26年の時を超え、恩田陸、デビュー当時からの「宿題」が、ついに長編小説として刊行!
*ファン待望の総特集「文藝別冊 恩田陸 白の劇場」、同時刊行。

 

2021.2.17



猫町ふしぎ事件簿 猫神さまは月夜におどります  

              童心社 定価:990円

 

 

 

猫の相談役になった遠矢は、猫の言葉がわかり、夜、猫になることもできる。そんな遠矢が満月の夜、オンボロ屋敷によびだされて、猫神さまにたのまれたのは……猫と人、両方が幸せになるとかがやくという、虹珠(にじだま)をみがくこと!

 

2021.2.17



うしろむき夕食店   

              ポプラ社 定価:1760円

 

 

 

二階建てのレトロな洋館に、ステンドグラスの嵌め込まれた観音開きの扉。ドアの両側には二つずつ背の高い格子窓。そこから見える満月のような照明と、おいしそうな香りが漂ってきたら間違いなし。そこが「うしろむき夕食店」だ。
“うしろむき”なんて名前だけど、出てくる料理とお酒は絶品揃い。きりりと白髪をまとめた女将の志満さんと、不幸体質の希乃香さんが元気に迎えてくれる。
お店の名物は「料理おみくじ」。
今宵の食事も人生も。いろいろ迷ってしまうお客さんに、意外な出会いを与えてくれると評判だが――。

 

2021.2.17



飛び立つ君の背を見上げる (響け! ユーフォニアムシリーズ)  

              宝島社 定価:1650円

 

 北宇治高校三年、中川夏紀。

私は今日、吹奏楽部を引退した――。

『響け! ユーフォニアム』シリーズの人気キャラ・中川夏紀の視点で、
傘木希美、鎧塚みぞれ、そして吉川優子をみた物語。
エモさ全開の青春エンターテインメント。

 

2021.2.15



経験 この10年くらいのこと  

              ポプラ社 定価:1540円

 

 この10年間、一度も文章を書いていなかった上田氏の日常を綴った、非成長記録。 さらに「桃太郎」、「浦島太郎」などの、日本昔話に、突っ込みを入れたページも掲載!

 

2021.2.12



天使と悪魔のシネマ  

              ポプラ社 定価:1760円

 

 結婚を控えた地下鉄の運転士、酔って駅のホームに立つDV男、仕事を辞め恋人も失った無職の若者……狙いをつけた人間の行動に絶妙なタイミングで介入し、運命の調整をはかる天使と悪魔。関りがないように見えていた登場人物たちを背後で接近させ、より合わせ、人間たちが気づいていないもうひとつのドラマを浮かび上がらせていく――。怖いのにちょっと笑ってしまう運命の舞台裏、天使と悪魔がつむぐ「ふつうの人たち」の物語。

 

2021.2.12



ほたるいしマジカルランド   

              ポプラ社 定価:1760円

 

 大阪の北部に位置する蛍石市にある老舗遊園地「ほたるいしマジカルランド」。「うちはテーマパークではなく遊園地」と言い切る名物社長を筆頭に、たくさんの人々が働いている。アトラクションやインフォメーションの担当者、清掃スタッフ、花や植物の管理……。お客様に笑顔になってもらうため、従業員は日々奮闘中。自分たちの悩みを裡に押し隠しながら……。そんなある日社長が入院したという知らせが入り、従業員に動揺が走る。

 

2021.2.12



書店員と二つの罪  

              PHP研究所 定価:1760円

 

 ベストセラー「書店ガール」シリーズの著者が描く、慟哭のミステリー

書店員の椎野正和は、ある朝届いた積荷の中に、少年犯罪者の告白本があるのを知って驚く。それは、女子中学生が惨殺され、通っている中学に放置された事件で、正和の同級生の友人が起こしたものだった。しかも正和は、犯人の共犯と疑われてしまい、無実が証明された後も、いわれなき中傷を受けたことがあったのだ。書店業界が「売るべきか売らないべきか」と騒然とする中、その本を読んだ正和は、ある違和感を覚えるのだが……。
出版・書店業界の裏事情を巧みに盛り込んだ、著者渾身の長編小説。

 

2021.2.8



逆境力 貧乏でコンプレックスの塊だった僕が、あきらめずに前に進めた理由 

              祥伝社 定価:990円

 

 

 米ハーバード大学を卒業し、知性と明るい性格を持ち味に日本で大活躍の「パックン」こと、パトリック・ハーランさん。現在は東京工業大学の非常勤講師まで務めておられます。順風満帆に思えるパックンですが、実は子どもの頃は経済的に困窮し、コンプレックスを抱えていたそう。

本人曰く「ド貧乏」。ド貧乏な子ども時代から、ハーバード大学を卒業され、日本のお笑い芸人から大学講師になられるまでのパックンの「格差逆転の生き方術」をまとめたのが本書。

 

 

2021.2.7



超影響力~歴史を変えたインフルエンサーに学ぶ人の動かし方 

              祥伝社 定価:1650円

 

 

 YouTube登録者数231万人突破!

著書累計330万部突破!
圧倒的影響力と人の心を見透かす力を持つ
DaiGoが放つ “影響力の決定版"

―――――――――――――――――
私(DaiGo)も最初は無名でした。
―――――――――――――――――
歴史的に紐解くと、メンタリストというのは、
元々は欧米において政治家のブレーンとして、演説の原稿を用意し、
語り方や身振り手振りの効果的な使い方をアドバイスし、
大衆の心を動かす手助けをしてきた存在でした。

そこで本書では、メンタリズムの専門に立ち返り、
"大衆扇動"&"群集心理"をもとに
歴史上の偉人たちも用い、研究機関でも効果が科学的に実証されている、
集団や個人の動かし方、さらには流行や熱狂の起こし方について伝授します。

2021.2.2



さよなら嘘つき人魚姫  

              一迅社 定価:1320円

 

 

 汐見夏衛氏が贈る書き下ろし新作。新境地。そして最高潮――。


どうでもいい嘘ばかりついて、へらへら笑う『かまってちゃん』の綾瀬水月。
誰とも喋らず親切も拒絶して、透明人間扱いされている〈変人〉、羽澄想。
ふたりは、誰にも知られていない悩みがあった。居場所がなくて毎日が息苦しくて――"死"に憧れていた。
そんなふたりが、あるきっかけで一緒に過ごすようになる。互いに聞かれたくないことは触れず、そっと寄り添うように過ごすおだやかな日々。そこに居心地の良さを感じる羽澄と綾瀬。
しかし、現実は残酷で……。

「ふたりなら、きっと、怖くない」
潤んだ瞳が海を見ている。
「せえの……」
息を合わせて、手を繋いだまま、ふたり同時に地面を蹴った。


心を鈍らせ、奇跡を信じていた羽澄と綾瀬。彼らが絶望の中で見つけた答えとは――?

2021.2.2